Moto Racing | Japan

怒ジョナサン・レイ『もっと自分の勘を信じるべきだった』2018鈴鹿8耐

『怒レイ:もっと自分の勘を信じるべきだった』

rea3.jpg


★7月29日(日)第41回、鈴鹿8耐 決勝レースで、ジョナサン・レイが所属する『カワサキ・チーム・グリーン』は3位を獲得した。

★同チームはレイ選手がPPを獲得し、優勝候補と思われていたが、スタート1時間後には首位から後退してしまった。

★カワサキは同選手権で25年間優勝していない。

★決勝戦では以下の2点が勝利を逃す鍵となった。
1つはチーム側が燃料消費の計算を間違えていたこと。これにより、レイ選手は走行途中でボックス帰還を余儀なくされた。
もう1つは豪雨によりセーフティカーが介入中、スリックタイヤで走行していたレイ選手が転倒したこと。

★レイ選手のコメント。

「直線コース中盤で何度も挙手をし、チームにタイヤ交換を求めたんですが、ボックスからはそのまま走り続けうようにとのことでした。」

【そして、転倒してしまった…】
「意外でしたね。あの瞬間は低速で走っていたし、激しい動きをしていたわけでもなかったんで。
なんの予兆もなく転倒してしまったんです。さいわい、深刻なケガはなく、ボックスまでマシンを持って行けましたけどね。
もったいなかったです…デリケートなタイミングでの転倒だったから。
僕はこの手のレースの経験が少なくて…でも、その一方で、もっと自分の勘を信じ、チームの指示に逆らってでもボックスに戻るべきでした。
残念ですよ。ただ、表彰台に上がれたのは嬉しかったですけどね。優勝できるような速さがあることも証明できたし。」

(2018年07月30日『Gpone』記事参照)


モトGPのザクセンリンクGPこぼれ話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4907375832″ locale=”JP” title=”「勘違いする力」が世界を変える。”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. へも より:

    レイとハスラムは非常によかったよ。予選&TOP10では優勝を期待できるほどの走りだったし。でもヤマハのライダーもチームも安定しすぎてましたね。来年はKRTとして8耐に参戦してほしいよ。HRCともどもよりよい体制でYAMAHAに挑んでほしい。

  2. TKM より:

    二度のトラブルが無ければヤマハファクトリーに肉薄してたのは間違いないことですしね。
    傍目に見ててR1の方がライン選択の自由度があり、バックマーカーを追い越すのが楽な印象を受けたので、その辺りも改善いるのかな・・・

    しかしロウズのバックマーカーのパス・・・っていうかこじ開けの上手いこと。

  3. maxtu より:

    これがチーム体制の差になるのかな
    レイも自分のエンジニアを連れていったらしいけど、そういうのもあってチームマネージメントが上手くいかなかったのかな

    4連覇してるだけあってYAMAHAは組織で戦ってる間があったし、耐久では大きなアドヴァンテージになる
    昔のHRCもそうでしたよね

    • いたたわ万歳(浅) より:

      >レイも自分のエンジニアを連れていったらしいけど、そういうのもあって‥‥

      私もちょっとそうなのかなー?って思っちゃいました。

  4. へも より:

    この画像をみるたびに、昔の外国のSF映画のように見えてしまう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP