MotoGP

ブルノGP豆知識:ロッシ史上初記録、マルケス最年少記録…etc

『ブルノGP豆知識』

statistiche-preview-brno-gp-repubblica-ceca-2018.jpg


★先のザクセンリンク戦ではマルク・マルケスが優勝し、今年これまでの9戦で5勝をあげた。
2002年以降、序盤9戦で5勝以上あげてチャンピオンとなった選手は以下のとおり。
ヴァレンティーノ・ロッシ(2002年8勝、2004年5勝、2005年7勝)
ケーシー・ストーナー(2007年5勝)
ホルヘ・ロレンソ(2010年6勝、2012年5勝)
マルク・マルケス(2014年9勝)

★マルク・マルケスは今回のブルノGPで、ちょうどモトGPクラス100戦目となる(※世界選手権キャリアでは178戦目)。
なお、これまでモトGPクラス100戦目に達した最年少記録はジョン・ホプキンスの24才348日であり、マルケス選手は第2位(25才169日)となる。
ちなみにマルケス選手は、ここまでの99戦で40勝をあげ、表彰台獲得は70回、PP獲得は48回である。

★ヴァレンティーノ・ロッシは今回のブルノ戦で史上初の6000ポイント獲得ライダーとなる可能性がある。
先のザクセンリンク戦の2位で世界選手権キャリア累計5994ポイント獲得したため、あと6ポイント(10位)で記録達成となるのだ。
なお、累計ポイント数の第2位はダニ・ペドロサの4094ポイント、第3位はホルヘ・ロレンソの3869ポイントである。

★ヴァレンティーノ・ロッシは今回のブルノGPで、同GP連続23年参戦となる。

★マーヴェリック・ヴィニャーレスは今年の全9戦でポイントを獲得している唯一の選手である。なお、ここ19戦でポイントを獲得し続けている。
ポイント獲得が叶わなかった最後のレースは2017年アッセン戦で、第12ラップの最終シケインで転倒してしまったため。

★ヤマハ勢は2017年アッセン戦でロッシ選手が優勝して以来、連続19戦で優勝していない。
同メーカーの最後の優勝未獲得記録は22戦で、1997年の終盤15戦から1998年の序盤7戦までである。

★アルヴァロ・バウティスタは今回のブルノ戦でモトGPクラス150戦目となる。
なお、世界選手権キャリアでは先のザクセンリンク参戦により265戦目となり、アンヘル・ニエトやアレックス・デ・アンジェリスとタイ記録となった。
また、バウティスタ選手はザクセンリンク戦5位により、世界選手権キャリアで2000ポイント獲得に達した15番目の選手となった。なお、5位は同選手の今年最高リザルトであり、昨年のムジェッロ戦で獲得して以来久しぶりのことである。

★アンドレア・ドヴィツィオーゾは先のザクセンリンク戦までで1995ポイント獲得しているため、今回のブルノ戦ではモトGPキャリアで2000ポイント獲得ライダーとなる可能性がある。
なお、今回のブルノ戦はドゥカティ機での100戦目となる。

★今年のモトGPルーキー5選手のなかで、ブルノGP優勝経験があるのはトーマス・ルーティのみである。2005年125ccクラスと2017年モト2クラスで優勝している。

(2018年08月01日『Motograndprix』記事参照)


モトGPのザクセンリンクGPこぼれ話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B07DXSB28X” locale=”JP” title=” MOTO GP モトGP バレンティーノ・ロッシ オフィシャル マグカップ (TEH DOCTOR46)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. 87 garage より:

    こういう豆知識 前にもありましたよね!

    いいと思うので 復活させてほしいです。

  2. いたたわ万歳(浅) より:

    どうしても

    ダニってやっぱスゴいなあ。

    っていう方向に‥‥(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP