MotoGP

2018 シルバーストンGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

motogp-fp1-2018silverstone-vinales.jpg

『2018 シルバーストン モトGP FP1トピックス』

★8月24日(金)、シルバーストン戦(第12戦目) モトGPクラスのFP1が行われた。

★新アスファルトながら陥没が多く、サスペンションに適切なセッティングが必要。

★首位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。ほぼ最初から最後まで首位。リアに新ソフトタイヤ、フロントにハードを履き記録。路面は陥没だらけでラバーも乗っていないのに、ユーズドのミディアムタイヤでも好リズムを出していた。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは2位(総合2位)。徐々にタイムを削っていった。リアに新タイヤで記録したが、ユーズドのミディアムタイヤでも好リズムを出していた。

★3位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。一瞬、首位に立った。リアに新ソフトタイヤで記録したが、ユーズドのミディアムタイヤでも好リズムを出していた。ベストタイムアタック中、アレイシ・エスパルガロがうっかり前を低速走行して塞いでしまった。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは6位。マシンの改良点を注意深くメカニックらに話していた。

★4位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。ホームレース。ホンダ勢トップ。2020年までホンダHRCと契約更改したばかり。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは14位(ルーキー)。

★5位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック、GP17機)。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは15位(GP18機)。

★7位ティト・ラバト(ドゥカティ・アヴィンティア)。
チームメイトのカレル・アブラハムは21位。

★8位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)。セッション前半はユーズドタイヤで好タイムを記録。
チームメイトのアレックス・リンスは16位。

★9位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)。
チームメイトのハフィス・シャーリンは22位(ルーキー)。

★10位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、総合首位)。常にミディアムタイヤで走行し、レースに向けての作業に専心。セッション序盤、第16コーナーでスリップ転倒、ケガなし。
チームメイトのダニ・ペドロサは17位。

★11位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト)。来季はSBK移籍

★12位ブラッドリー・スミス(KTMファクトリー)。ホームレース。
チームメイトのローリス・バスは24位(ポル・エスパルガロ代役、最下位)。事前テストなしのぶっつけ本番。

★13位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー・グレジーニ)。ホームレース。マシンに問題発生、最後はマーシャルに押してもらっていた。
チームメイトのスコット・レディングは18位。ホームレース。

★19位トーマス・ルーティ(ホンダ・マークVDS)。来季はモト2降格。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは20位(VR46ライダーズアカデミー)。

(2018年8月24日『Gpone』記事参照)
(2018年8月24日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 シルバーストン モトGP FP1リザルト』

motogp-fp1-2018silverstone.jpg


【VR46オーストリアGPこぼれ話】[2018年8月22日発行 Vol. 200] 無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B077JVBH47″ locale=”JP” title=”2017MotoGP™ MotoGP™クラス年間総集編 DVD”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP