MotoGP

ヴィニャーレス『問題は解決に向かっている』2019ヘレステスト

『ヴィニャーレス:問題は解決に向かっている』




★マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)が11月28〜29日のヘレステストで、初日が4位、2日目(最終日)は3位だった。なお、2日間総合は4位。

★ヴィニャーレス選手がテスト最終日のセッション終了後、イタリア衛星放送『SKY』のインタビューで次のように語った。

「常にレースコンディションでのテストができたんで、非常に満足してます。マシンの乗り心地も良いですよ。
まだセットアップに手を入れていなかければならないんですが、どちらのエンジンをするかは突き止めました。」

【エンジンブレーキが改善された方のエンジンにする?】
「僕にとっては明白ですよね。今後は、それが正しい選択かどうか様子を見て、戦闘力を上げられそうかどうか試していかないと。今回、ドゥカティとホンダがかなり強い走りをしてたから。」

【問題は解決に向かっている?】
「僕はそう思ってます。特に、レースに向けては去年よりもかなり良くなってますから。」

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


ヴァレンシアGPこぼれ話…
セパンでマーシャルを押しのけたことへのロッシ反論とか、ロレンソ選手がTwitterに書いたこととか、スミス選手が「ドルナがロッシを利用してる」って言ったとか…って話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4478000492″ locale=”JP” title=”世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. GEN3 より:

    ビニャーレスはエンジンブレーキ重視、ロッシは加速重視、嵐の予感ですね。
    走り方がずいぶん違いそう。何としても去年の二の舞は避けてほしい。ヤマハが遅いGPはつまらん。

  2. cb1100rd00 より:

    どう見てても、加速が悪い2018仕様だったように思えましたがね....
    ドカやホンダに遅れを取っていた実状が共通IMUによりどこまで縮まるのかが、開幕までに判断しなければならないのでしょう。
    この1年ヤマハが、取り組んで来てくれて結果が出ると良いのですがねぇ....

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP