MotoGP

2019 セパンテスト2日日【モトGP:リザルト&トピックス】

『2019 セパンテスト2日日』

★2月6〜8日、セパンサーキットでモトGP公式テストが行われている。

★2日目の7日、路面温度は60度弱から50度弱まで下がっていった。

★首位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。唯一、1分59秒の壁を破った。同トラックのPP記録を更新。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは6位。新タイヤを履いてタイムアタックに挑んだが、終盤、リアタイヤのグリップがイマイチだったため断念。

★2位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは21位(ルーキー)。
テストライダーのシルヴァン・ギュントーリは24位。
テストライダーのタクヤ・ツダは27位(最下位)。

★3位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)。ドゥカティ勢トップ。2回転倒(第1、第9コーナー)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは12位(ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。ファクトリー機と同じカウルを初めて使用。明日はタイムアタックおよび15周ほどのレースシミュレーションに挑戦。

★4位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。午前セッションでは首位だったが、その後、タイムを伸ばさなかった。新旧フレームの比較テストに集中。日中の暑い時間帯は、ペトルッチ選手のタイヤのオーバーヒート問題に助力していた。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは9位。

★5位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。軽く足を引きずっている。左手親指操作のリアブレーキ・レバーを試していた(※従来の足操作のものは、まだ使いづらいため)。スリップ転倒、ケガなし。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは10位。

★7位ティト・ラバト(ドゥカティ・アヴィンティア、GP18機)。いまだ足を引きずっている。
チームメイトのカレル・アブラハムは22位。

★8位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。37周回と昨日より周回数は増えたが、肩の痛みが増して力が出ないため、重要な選別のみをして数時間早めに作業を切り上げた。肩以外、身体に支障はない。
チームメイトのステファン・ブラドルは16位(ホルヘ・ロレンソ代役)。

★11位ヨハン・ザルコ(KTMファクトリー)。
チームメイトのポル・エスパルガロは17位。
テストライダーのミカ・カリオは19位。

★13位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。12時頃のロングランでは2’00″台を安定して記録し、なかなか興味深い。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネは18位。昨日より0.7秒削った。
マッシモ・リヴォラ氏(アプリリア・レーシングの新CEO、以前はフェラーリのF1スポーツディレクター)がボックス内の作業系統を整理中。

★14位ファビオ・クアルタラロー(ペトロナス・ヤマハSRT、ルーキー)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは15位(VR46ライダーズアカデミー)。第1コーナーで転倒。

★20位ミゲル・オリヴェイラ(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのハフィス・シャーリンは25位。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


『2019 セパンテスト2日日 モトGP』





ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B0772TGQMP” locale=”JP” title=”ヤマハ(YAMAHA) キーホルダー ビニャーレス MV25 ファクトリーレーシング キーホルダー YZR-M1 Q1G-YSK-419-0MV”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP