MotoGP

ロレンソ『謝られても仕方がないことは分かっている』2019バルセロナGP



『ロレンソ:謝られても仕方がないことは分かっている』

★6月16日(日)、バルセロナGP決勝戦でホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が第2ラップでフロントが切れ込み、転倒リタイアした。

★ロレンソ選手はホンダ機で初めて上位走行をしていた最中で、周囲の3選手(ロッシ、ヴィニャーレス、ドヴィツィオーゾ)を巻き込み多重クラッシュとなった。

★ロレンソ選手のコメント。

「トラックに戻ることも、(取りそこねた)ポイントを返してもらうことも出来ないわけだから、巻き込まれた3選手の気持ちは痛いほど分かります。この手のことが起きてしまいやすい状況でした。
序盤ラップを集団で走っていたら、誰だってちょっとでも前に出て行こうとするわけで。前のライダーに衝突しかねないわけです。前のライダーは速くコーナーを曲がってしまおうとするわけだから…そうすれば、その後、上手く加速していけますからね。例えば、ドヴィがそんな感じだったでしょ。
常軌を逸したハードブレーキングをしてしまったとは思ってません。ただマーヴェリック(ヴィニャーレス)を抜いてしまいたかっただけなんです。
あそこのコーナーはあんな感じで、どんどん迫ってくるわけで…ドヴィに追突しないよういつもより無理をしてしまいました。フロントブレーキを最大限かけたら、タイヤが切れ込んでしまったんです。
今も言ったとおり、コーナーのタイプにも依るんですが、もしかしたらもう少し待ってから…別のタイミングでオーバーテイクをかけた方が良かったのかもしれません。特に別のコーナーでかけた方が良かったのかもしれません。」

【あのコーナーのレイアウトが関係していると思う?】
「あえて弁解するなら、ああ言うタイプのコーナーでは、これまでもけっこう問題が起きていたと言うことだけです…今日起きてしまったし、今後も起きるでしょう。こう言うことが起きやすいコーナーなんですよ。
ヴァレンティーノ(ロッシ)もそう言っていたし、僕もそう思います。
各クラスでいくつも起きてたじゃないですか。僕は2016年に、イアンノーネとそう言う事故がありました。」

【ヴィニャーレス選手は処罰を要望しているが…】
「マーヴェリックの気持ちは良く分かります。過去に僕が彼の立場だった時、やはり同じような発言をしましたから。当然、返す言葉もありません。
ドヴィツィオーゾの所へも謝罪に行ってきたんですが、受け入れてはもらえました。それなりにきちんと理解してもらえました。でも、そう言う気持ちは分かります…これはレースなんだから。
とにかく、将来に向けて貴重な勉強をさせてもらったと思っています。ただ、起きてしまったことは変えられませんから。
本当に申し訳なく思っているし、それぞれの選手に再度謝罪したい気持ちです。」

【ドゥカティとヤマハのボックスへ赴いていたようだが…】
「まずドゥカティへ行き、ジジ・ダッリーニャに会って謝罪しました。その後、ボックスの方へ行き、ドヴィツィオーゾに謝罪しました。
それからヤマハへ行き、ヴァレンティーノやマーヴェリックに会いたかったんですが、2人ともいなかったのでマイオ・メレガッリ(チームマネージャー)やマーヴェリックのチーフメカニックと話をしました。
結局、あの2人とは話ができませんでした。」

【自分のレースが台無しになってしまったことと、他の選手を巻き込んでしまったこと…どちらを重く受け止めている?】
「他の選手を巻き込んでしまったことが本当に残念です。僕はタイトル争いをしているわけじゃないし、今日はあの3人のチャンスを奪ってしまったのですから。
僕はそれほどポイントを稼いできたわけではないから、転倒しても状況はそれほど変わらないわけでしょ。できることなら1人で転倒したかったです…ミスをしたのは僕なんだから。でも、こう言うことになってしまって。謝ってどうなることではないんですが、でも、謝って然るべきことですから。謝られても仕方がないのだと言うことは分かっています。」

【転倒はともかく、今回は好調だったのでは…】
「好スタートを切って、順位もいくつか上げることができてました。序盤ラップと言うのは常に厄介なもので…接触を避けるためアクセルを開かない選手と言うのもいるんで、時にはそれを逆手に取ることもできるものなんですよ。今回、僕はそうしてました。
かつてないほど好調に感じていたし、ブレーキングでも強かったんです。その辺に関しては、けっこう一歩前進できたと言う感じだし、レースでは特にそうでしたね。まさにレースの最中、何があれば信頼感が掴めるのかが分かったんですよ。このマシンを改善すべく…少なくとも僕的に改善すべく、上手い方向に進んでいますね。
明日は試さなければならないものがたくさんあるし、プラスアルファの力が出せるようになるものもたくさんあるでしょう。もう気持ちはテストに向かっていて…新マテリアルを試してみたいですね。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ選手がどのぐらいホンダ機の開発に口が出せるのかって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 774RR より:

    ちゃんと謝りに行く事が出来るロレンソは人として尊敬出来ます。本人が言ってるように巻き込まれた3人にしてみれば謝られてもしょうがないのですが。誰もケガしなかったようで、そこは不幸中の幸いでしたね。

  2. へほへも より:

    まぁあれはしょうがないよね
    少し離れてたロッシもよけれなかったのは後ろから見てても無茶な突っ込みって感じではなかったから予想できなかったのもたるだろうし
    ビニャの気持ちもわかるけどペナはないでしょ

    タイトル争いは面白く無くなってきたけどロレンソ復調はレースそのものを盛り上げてくれる事だし今後が楽しみと言うことで!

  3. 69号線 より:

    ツイートはイタリア語だけど、淡々とロレンソのコメントを掲載していて、特に悪意のある記事にはなってないですね。

  4. vvr46 より:

    ロレンソだって転倒したくて転倒したわけじゃないし、みんな転けた時たまたま巻き込んでないわけで誰しも可能性あるからロレンソが凄い悪者になるのが可哀想だ。
    しかしあの場面で主力メンバーが巻き込まれたのに対してマルケスは巻き込まれてないのを見ると、やはりチャンピオンになるべくしてなる男だなと。運も味方につけてる

  5. maxtu より:

    今回のクラッシュの最大のキモはチャンピオン争いをしていないセカンドライダーがエースライダーのライバル達を巻き込んでリタイヤに追い込んだこと
    偶発的なクラッシュとはいえ、YAMAHA、DUCATIともたまったもんじゃないだろう

    ロレンソ自身も理解しているように大排気量のGPでリスクを冒すコーナー、ラップでは無かったよ
    これが許されて当たり前になればレース自体のモラルが無くなるわけだからね
    ロレンソには猛省して欲しいし、ペナルティが下されて仕方ない

  6. ume14 より:

    今回はレーシングアクシデントかな
    ちゃんと謝罪しているようなのでこの後のテストも頑張って欲しいですよね

  7. 修羅朱種酒 より:

    実況はひどかった。
    「日本へは他チームを巻き込んでクラッシュする打ち合わせに行ったんだろう」
    とか、ロレンソ憎しマルケス憎しホンダ憎しの荒んだ連中の罵詈雑言。
    あの状況で自身を含む人死に関わる転倒をわざとできるわけがない。
    ただただ不幸だっただけで、本人と巻き込まれたライダーのその度合が違っただけだろう。以降のレース展開が平凡になったのは致し方ない。

  8. ワシントン より:

    常軌を逸したハードブレーキングではなく、実力に見合わないハードブレーキングだったのでしょう
    久しぶりにスタート成功したからテンション上がってハッスルしちゃったんでしょうか

  9. いたたわ万歳(浅) より:

    調子が良かったから転倒してしまったみたいなことカルさんも言ってた様ですけど(カルさんが転倒するときってバイクが走ってるときが多いと常々思ってるんですけど)独りで転ぶのと3人のレースを奪っての転倒とはえらい違いですよね。
    とうとうカルさんと中上さん逆転しちゃいましたけどもー。

    FPでのマルケスさん推奨ペナルティと合算されたりするなんてこともあるのでしょうか??(ペナルティが課せられるとしたら‥‥です)

    リンスさんが順位を落としてでも接触を避けた場面を見た後ではどんなに悲しくなっちゃった顔を見ても「もっと用心して欲しかった」としか思えませんでした(T_T)
    レースアクシデントだとしても影響大きすぎて‥‥。

  10. koshi より:

    今年のMotoGPはこれで決定的になりました。マルケスの勝ち姿を見すぎて最近は観戦が少しつまらなくなってきました。ロレンソはこれからも応援しています。後半戦に向けマルケスといいバトルをしてほしい。ドカティでのロレンソ復活をみてるので必ず復活できるはずです。がんばれ!!

  11. メラチン より:

    【実力に見合わない】って、最高峰クラスでチャンピオン獲ったライダーにえらい言い様ですな。
    その理論だと転倒の多くは【実力に見合わない】結果ということになるよね。じゃあ今回は多かったですね~【実力に見合わない】ほどハッスルしてリタイヤしちゃった選手が。

    【実力に見合わない】ってほんと何様だよ。失礼極まりないな。
    選手に対する敬意がまるで感じられない。

  12. ジージ より:

    ホルヘのコメントにも有るけど、過去にイアンノーネ他にチャンピオン候補を巻き込んだダニもこのコーナーでしでかしたと思う。

  13. madmax より:

    ポイントもそうだけど特にヤマハはレースデータが欲しい状況だから序盤の転倒は痛いだろうなぁ
    そう言えば一応表彰台には上がったペトルッチの契約はどうなるのだろう
    微妙な感じだが…

  14. ムキムキ より:

    おっしゃる通りですね

    ここまで素直に非を認めるライダーも稀ですね

    流石のチャンピオンライダーです

    ただチャンピオンシップが少し詰まらない方向になってしまうのは 少し残念ではありますね

  15. チャオ より:

    素直に非を認めたロレンソだけどやっぱり昨日のレースは最悪だったなぁ
    チャンピオンシップ的にも今回は影響大だろうし、マルケスのポイントに
    追い付けるのは至難の業だと思う。ま、多重クラッシュでケガが無かった
    ことが不幸中の幸いと思って次なるレースに気持ち切り替えてこ。

  16. すかいらーく より:

    とはいえマルクもノーポイントレースあったんだから
    アメリカで電制トラブル無きゃとっくに今ぐらいのリードだったんだけどね
    ただマルクの勝ち方に逃げ切りが多くなってきたので昨シーズンより見ててハラハラが減ったってのは分かるけど
    それ今年のタイヤのせいだからなぁ
    バトルするとすぐ垂れるタイヤはあかんでしょミシュラン

    なんにせよ1年目でロレンソに改善が見えてきたのはすごいことだと思います
    早くてシーズン終盤ぐらいかなと思ってたから

  17. nav. より:

    ホルへのこんな謝罪は、motoGP上がって以来初めてような気が。
    それだけ、自覚のあるやっちまった感なんでしょうな。
    流石に、これまでどんな批判にも強気でぶれないホルへでも、今回のは精神的に相当キツい転倒でしょうね。
    同情する。

  18. ノリック大好き より:

    この件に関しては過去ロッシがストーナーを巻き込んだときを思い出します。実力よりも気持ち前に言ったんだね。(ストーナーより)ロレンソ得意の序盤の追い上げ力強い走りが久しぶりに見ることが出来ました。
    レースアクシデントと言えばそれまでだけど巻き込んだ相手が悪すぎです。転倒以降のレースを観戦するのは辛かった。正直マルケスが勝っても面白くないだよね
    実力速さ努力飛び抜けているのは認めてもそれだけでレースが盛り上がらない。

  19. ま。 より:

    最悪な状況でも誠実に行動していれば、みんなわかってくれるはず。たった1周ちょっとだったけど復調の兆しも見えた。あなたのシーズンは今始まったばかりですよ。

  20. kaz より:

    さすがのロレも(´・ω・`)なのね。
    今までは終始言い訳やったもんなー。

  21. カル より:

    レースは何が起こるかわからない。これまでもこれからもな。わざとやったわけではないんだから。
    これがレースだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP