MotoGP

ロレンソ受難、金銭問題で裁判

『ロレンソ受難、金銭問題で裁判』

★ホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が債権回収会社より約430万ユーロの未払いについて控訴され、裁判になる模様。

★債権回収の専門会社『Office SCP』は、ロレンソ選手がここ10年間、信頼してきた者らから窃取された1300万ユーロ(約15億6800万円)を回収してきた。
なお、このうち1170万ユーロ(約14億1000万円)は不動産投資のためジョルディ・プーチ・ゴデスに委託されたもので、実際に投資には使用されなかった。

★同社はロレンソ選手に報酬として回収金額の25%(約430万ユーロ=約5億1800万円)を請求したが、今のところ、支払いが一切ないため控訴した模様。

★なお、ロレンソ選手の弁護士団は、同社が2014年に交わした契約条件に違反しているとして訴えを起こしており、支払い遅延はそのためである。

★ロレンソ選手はモルディブで休暇を過ごし、現在はブルノGP参戦に向けトレーニングに励んでいる。なお、アッセンGPでの負傷により、参戦できるかどうかは未定。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ロレンソ引退説の実態については有料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥2,750
(2020/02/29 09:53:34時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ニダール より:

    ロレンソ、怪我の回復が十分でないとして夏休み明けのチェコとオーストリアを欠場だって

  2. ジージ より:

    あそこはリハビリも含めて数ヶ月、状況では半年程度かかるはず。
    復帰予定リリース内容は早すぎると思ってた。
    ホンダアジアの青山監督は現役同様の負傷後、半年後の復帰だったと思うよ。

  3. kaz より:

    踏んだり蹴ったりとはこの事で。にしても15億円以上も窃取されてたとかトンでもない話ぢゃな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP