MotoGP

マルケス『リアブレーキをレバー操作で右折コーナー改善!』2019セパンGP

『マルケス:リアブレーキをレバー操作で右折コーナー改善!』

★11月1日(金)、セパンGPでマルク・マルケス(ホンダファクトリー)がFP1で4位、FP2で13位だった。なお、FP総合は6位。

★マルケス選手のコメント。

【今日は左リアブレーキをレバー操作で使っていたが…】
「今朝はマシン2台ともスタンダート仕様だったんですが、午後は両方とも改良版でした。
このレバーは以前も試したことがあるんですが、あまり好みじゃなかったんですよ。でも、またそれをちょっと改良したんで…最大バンクの時に役立つんですよね。右折コーナーがもっと速くなるよう頑張ってるんですが、まだ始めたばかりなんで。」

【今はまだ実験段階で…】
「このまま続けていければと思ってるんですけどね。レバー操作の方が僕は楽なんで。でも、親指レバーではないですよ。モトクロスの時のクラッチ操作を手でやり慣れてるんで、レバーは好きなんですよ。
ただ、本当にこれにメリットがあるのかどうか見極めていかないと。」

【FP1ではまたまた転倒からの持ち直しを披露していたが…】
「今週末が始まって、2周目でいきなりですよ。スロー映像で見直すと面白いし勉強にもなるんです…どの辺をもっと気をつけるべきなのかが分かって。
フィリップアイランドの時と同じセッティング、同じライディングスタイルで始めたんですが、すぐに変えてしまいました。
今回はペダルが路面を擦ってしまい…通常、それが路面に触れたら転倒してしまうんですけどね。」

【今年は転倒もずいぶんと減ったが…】
「転倒を減らすのは2017年からの目標だったから。去年は無理だったけど、今年はやりましたね。まず第一に操縦の仕方が変わったんで。進入の際はそれほど無理せず、立ち上がりは今までより強い走りができるようになりました。でも、まだまだ改善していかないと。転倒は減ったけど、今シーズンは持ち直しを何度もしているから。」

【今日はFP総合6位だったが…】
「FP2での順位を見ると、けっこう後ろにいるようだけど、でも、タイムアタックの時に新タイヤを使わなかったんですよ。
ペースは好調だし、多分、ヴィニャーレスの次ぐらいに良いんじゃないかな。数戦前から1周タイムはファビオを筆頭にヤマハ勢の方が速くて…ヤマハ勢はグリップが凄いから、予選は楽じゃないですね。
でも、僕はレースに向けてきちんと作業を進めているんで。」

【ヤマハ対策は何かしている?】
「うちはヤマハに比べ、コーナー立ち上がりでのリアのグリップで苦戦してるんです。新タイヤの時は特にそうですね。
あと、ブレーキングの最終段階も改善していかないと。その辺でフロントに荷重をかけすぎてしまうものだから、極端な持ち直しをしなければならないことが時々あるんですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


マルケス選手がチームタイトル獲得を目指して、ロレンソ選手にちょっと苛ついてるって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP