MotoGP

ドヴィツィオーゾ『マルケスと勝負したかった…』2019セパンGP

『ドヴィツィオーゾ:マルケスと勝負したかった…』

★11月3日(日)、セパンGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が3位だった。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「今回の3位は重要ですよ。特にここセパンでですからねぇ…マレーシアのこの暑さの中、この手のレースができたのは初めてなんで。
ヴィニャーレスにもそれほど大きく引き離されていなかったし(+5.611)。
このマシンに感謝しなければなりません。スタートでは本当に大きな助けになってくれました。」

【マルケス選手が『赤いミサイルが飛んでっていた』と言っていたが…】
「もうちょっと期待してたんですけどね…マルクと勝負できればと思ってたのに。なんとか喰い付こうとはしたんですが、もうちょっとなんとかしてみようと思った途端、コーナー2箇所で膨らんでしまったんです。」

【そして直線コースでは、ドゥカティエンジンに比べたらヤマハはモト2機のようなもの…】
「ドゥカティ機に乗るようになってから、ヤマハにここまで差を付けたのは初めてですよ。5速〜6速では僕がかなり有利でした。
これは考えさせられてしまいますよね…予選の時にうちが苦戦していたのは、コーナーでヤマハ機が超速だったからなんですから。
でも、レースは別物で…今さら言ってもなんだけど、ヴァレンティーノ相手に戦う手札を、実はもっと持っていたんですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ドヴィ選手がペルナット情報の信憑性について語ってた話は無料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥990
(2019/11/14 12:27:44時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP