MotoGP

ペルナット『ザルコは奇妙なライダー…』

『ペルナット:ザルコは奇妙なライダー…』

★4月1日、アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)のドーピング疑惑に対し、国際懲戒裁判所が18ヶ月の失格処分を下した。

★カルロ・ペルナット氏(伊モトGP業界ご意見番、個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当)が、最近、次のように話した。

[ 中編はこちら ]

【一時、イアンノーネ選手のマネージメントを担当していたのに、喧嘩別れしたようだったが…】
「私はアンドレアのために出来る事はすべてやったんですよ…然るべき選択ができるよう指示を与えてね。
ただ、アンドレアと言うのは人の話には耳を貸さないタイプだから。」

【イアンノーネ選手はベレン嬢と破局してしまったが…】
「アスリートはタレントと付き合うと変わってしまうもんだから。マックス・ビアッジとアンナ・ファルキなんて良い例でしょ。
ただ、アンドレアの場合は私生活とライダー道を混同させなかったんでね。コンスタントにトレーニングもしてたし。まぁ、変わりはしましたけどね。
とにかく、ベレンのせいで駄目になったってことは絶対にないですよ。」

【話は変わって、2020年シーズンはどうなりそう?】
「まったく別物になるでしょう。まず、経費が見直されるだろうし、あと、契約金がや投資に関しても変わるでしょ。
ライダーらも、その辺は良く分かってますよ。まぁ、どうなって行くかねぇ。ヴァレンティーノ(ロッシ)なんかは、人生変えてみようかって思うかもしれないし…
あと、ロレンソがいますからね。もしかしたら、ヴァレンティーノの代わりにペトロナスに入るかもしれない。」

【契約関係に関し、ヨハン・ザルコについてはどう思う?】
「ザルコってのは奇妙なライダーでね。確かに強いんだが、性格面でちょっと難ありなんですよ。実際、ライダーとしての集中力が足りないと言うか…あまりに天然で、手本がいないって感じでね。
しかも、なんか物悲しそうな感じでしょ。ああ言う空気のライダーが勝った試しはないから。
ヤマハを出て、KTMに移ったものの、結局、ああ言うことになってしまって。クアルタラローなんかは、ああ言うザルコの様子を見たのもあって、ヤマハ残留を決めたんじゃないかと思うんだよねぇ。」

[ 完 ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


イアンノーネ選手のダブル破局話については無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    もう言いたい放題(笑)

  2. KG より:

    確かにお国柄なのか↓
    「なんか物悲しそうな感じでしょ。ああ言う空気のライダー」

    サロン兄弟・ジャックとか似たような空気感ありますね、
    生粋のフレンチってああなのかな?。

  3. ume14 より:

    いや~面白いですね(笑)
    暗い話が多いけど、なんか笑えて良いと思います
    早くレースみたいなぁ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP