MotoGP

『ペトルッチのアプリリア移籍については?』アルベルト・ヴェルガーニ

『ヴェルガーニ:ペトルッチのアプリリア移籍については?』

★ドゥカティファクトリーは2021年に向け、ジャック・ミラー起用を真剣に検討している。

★現在、ファクトリー所属のアンドレア・ドヴィツィオーゾは契約更改の交渉中であり、同選手の進退によりダニーロ・ペトルッチの去就も決まる。

★ペトルッチ選手のマネージャーを務めるアルベルト・ヴェルガーニ氏が、最近、次のように語った。

[ 中編はこちら ]

【ちなみに、アプリリア移籍についてペトルッチ本人は何と言っているの?】
「今も言ったとおり、2人で全ての条件を検討している最中なんですよ。もちろん、アプリリアはモトGPで大志を抱いているメーカーだから、チャンスではあるんですけどね。
ただ、今も言ったとおり、具体的な話は何もないです。アプリリアだって、今はライダーが2人いるわけですからね。」

【ドゥカティとの契約交渉に関し、デッドラインのようなものはあるの?】
「今のところ、ないですね。とにかく、(ドゥカティの)交渉はすべてドヴィツィオーゾを中心に回ってるんで。ドヴィが決めたら、他の事柄も決まっていくでしょう。」

【もしドヴィツィオーゾがKTMに移籍したら、ドゥカティはどう動くと思う?】
「正直なところ、分かりませんね。イアンノーネについては推察できるが、それ以外のことはねぇ。
今現在、契約交渉の行方は読みづらい状況だし、ダニーロに関しては、過去にも何度もあったように特殊な状況になってますからね。
2人でいつも言ってるんですよ…『待てば海路の日和あり』ってね。」

【7月中旬にはモトGP開幕の予定だが、ペトルッチの調子はどう?】
「ダニーロは焦らず、無心で挑んでいかなければならないでしょうね。己の資質に確信を持って、実力の全てを発揮しなければ。
今年のライダー契約交渉は『スライディング・ドア』みたいなもんだが、私は『ピンチはチャンス』を信じてますよ。ダニーロにもね、毎日、そう言ってるんですよ。」

[ 完 ] 


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ドゥカティが2005年にブリヂストンタイヤを採用した経緯については無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. KG より:

    ペトルッチの一連の顔画像がどんどん老けてゆくのが
    ドコ迄行くのか楽しみなので管理人さん、続投期待しています!。

  2. いたたわ万歳(浅) より:

    ダニの白髪が増えて行くのを見るのはちょっと辛かったんですけども‥‥。

    ヒトの苦悩とかやるせないキモチを表現する画像は構わないとして、楽しみって思う人もいる事に軽くへこむ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP