MotoGP

ペトルッチ『KTM移籍が楽しみで堪らない』2020スティリアGP

『ペトルッチ:KTM移籍が楽しみで堪らない』

★8月23日(日)、スティリアGP決勝戦でダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)が11位だった。

★現在、総合14位(25ポイント)に就いている。なお、今シーズンの最高リザルトは7位(オーストリアGP)。

★ペトルッチ選手は2021年より、KTMテック3チームからモトGP参戦する。

★ペトルッチ選手のコメント。

「(スティリア戦では)レース1は1周タイムが良くて、1分24秒のリズムで好調だったんですよ。けっこう満足してたんですよね。
ところが、レース2でも同じ感じで走ろうとしたら…第2コーナーでまたけっこうタイムロスしてしまって。レース自体も短かったし、どうにもできなかったんですよ。他の選手は、皆、ソフトタイヤを履いてたからブレーキングで速くて、オーバーテイクがさらに難しくなってしまってねぇ。」

【でも、レース1ではタイヤに関し重要なデータを収集できたそうで…】
「今シーズンの、この流れを変えたいんですよ。色々なものの流れが気に入らないんでね。」

【KTMが2勝目を決めていたが…】
「あのマシンとあのチームなら、レース優勝できるってことは分かっていたから。KTMのことは最初から信じてましたからね。昨シーズン中盤に諸々が改善されてきていたのを見て、すぐに契約を決めたんです。
あそこのプロジェクトのことはけっこう信じてるんで、今回のことは良かったと思ってますよ。早く向こうに移って、あのマシンを試してみたくてウズウズしてるんですよね。」

【もしマルク・マルケスが通常通りに参戦していたら、どんな展開になっていたと思う?】
「参戦していたからと言って、それほどガラリと変わっていたとは思いませんけどね。ヘレス戦での様子を見る限り、凄まじい追い上げで全選手を抜きまくってた時なんか、ほとんど取り乱してるような感じだったでしょ。
クアルタラローはヘレスでも速かったし…その後、ブルノやオーストリアではそうでもなかったけど。レースでは2回ほど後ろに抑えて、せめてドヴィツィオーゾがポイントでクアルタラローに近づいて行けるよう頑張ったんですよ。
マルケスが居たら全勝してたもんなのか、苦戦していたものなのか分かりませんね。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ドヴィ選手がスティリア戦で欠陥タイヤに当たったんじゃないか?って話は、無料noteでどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. toshi より:

    この方についてはKTMの活躍は朗報ですよね。ある意味最善のタイミングでドカを出ましたね……不幸中の幸いというやつでしょうか。
    活躍すればファクトリーライダーの道もありますからね!頑張って欲しい。

  2. POP84 より:

    テック3でも勝負できるのが分かったから早めに良い移籍先を見つけられて前途洋々ですね。
    1年契約か複数年契約かは知らないですが気になる所です。

  3. nav. より:

    おいおい、君はまだそこのファクトリーライダーだぞ。
    軽率な発言な気もするが、どーせ追い出されるんだからいっか!w

  4. pekochi より:

    ドヴィもペトルッチも、ドゥカティでのやる気は無くなっているような感じですね。

  5. ハンス より:

    もう気持ちは来年に行ってしまってるみたいですね。
    来年乗るマシンが速いの判ればこうなりますか。
    あとは乗りこなせるか否かという所ですね。

  6. GG より:

    KTMみたいに移籍先が有望だと饒舌になるが、
    フェラーリみたいに絶望のチームに移籍するとなると
    寡黙になる。2輪4輪ゴッチャですまん。

  7. otokichi より:

    solo dio lo sa……

  8. ume14 より:

    この人はKTMに行っても駄目だろう
    デカいのは見た目だけ、ビビりな心臓では通用しないでしょ

  9. ナン より:

    ドカティの調子がいいときでも結果を出せなかったのによく言うよな。KTMでもどこでも同じだよ。

  10. ハンス より:

    >GGさん
    サインツJrの事ですね。
    ベルギーGPのあの映像の抜き方はズルいとおもいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP