MotoGP

レクオナ欠場、弟がコロナ陽性のため:2020ヨーロッパGP

『レクオナ欠場、弟がコロナ陽性のため』

★イケル・レクオナ(KTMテック3)が、ヨーロッパGP(ヴァレンシア1戦目)を欠場することとなった。

★レクオナ選手の弟が新型コロナウイルス陽性であることが判明したため、濃厚接触者としてアンドーラで自宅隔離をしなければならないためである。

★なお、レクオナ選手の代役としてダニ・ペドロサ(テストライダー)が参戦する予定はない。

★エルヴェー・ポンシャラル氏(KTMテック3チームマネージャー)のコメント。

「今週末、イケル・レクオナが欠場となってしまい非常にがっかりしています。これまでずっと陰性だったのですが、イケルのアシスタントをしている弟が陽性だったんですよ。
このため、アンドーラ当局から濃厚接触者と扱われてしまって…。
今日、再検査をする予定なんですが、それが陰性でも自主隔離をしなければならないんです。10日間はアンドーラの自宅から出ることができません。
来週の水曜日にまた検査をして、それも陰性ならヴァンレシア入りして2戦目には参戦できるんですよ。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

なぜKTMは1週間でマシンを改善できたのか?って話は、note『テルエルGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP