MotoGP

マルケス経過報告:手術成功、感染あり

『マルケス経過報告:手術成功、感染あり』

★12月3日午前、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)がマドリッドの病院で右上腕部への3回目手術を受けた。

★12月5日、ホンダよりマルケス選手の術後の経過について、次の声明が出された。

《マルク・マルケスの手術後の状態は、マドリッドのInternazionale Ruber病院の医療チームにより満足のいくものであると見なされています。
ただし、偽関節手術の際に採取した培養物より、骨折部位に以前からの感染があったことが確認されたため、今後の数週間、特定の抗生物質治療が施されることとなりました。》

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

クラッチローvsロレンソ、どちらが優秀なテストライダーか?って話は、note『ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    うーん。これはマルケスも予後にやりすぎたかな。安静がやはり1番ですね。

  2. kai より:

    無理して出走した結果、20年シーズンだけでなく21年序盤も厳しい状況に。マルケスは走りたいでしょうが、チームや医師達が冷静に判断すべきでしたね。
    これを教訓に医療スタッフも出走許可の基準を見直して、この様な事が無い努力をして欲しいです。

  3. 半世紀 より:

    5ヶ月経過した破断面は再接合をする治癒力を保持しているのかな?
    医学知識は無いけれど力学的に四肢の骨は中実の軸であるからあらゆる方向の捻り、曲げの外力に耐性をもっている部材です。
    チタン合金等の高強度部材で機械的に接合しても強度の上限は集中荷重となる固定箇所の骨の強度になりますので元来の強度に戻る事は無理ではないでしょうか?

  4. ラルフアンダーソン より:

    マルケスは出走許可を出すであろうミール医師をあえて選んだ感がありましたからね。
    ロッシやドゥーハンと並ぶ5連覇がかかっていましたから、更なるリスクを冒してでもポイントを獲得するために走りたかったのだろう。
    完治できるといいですが・・・。

  5. animo marc より:

    感染症はヤバいね。抗生剤で抑えても、20年後とかに突然再発したりする。
    解放骨折だったのかな?なんで感染しちゃったんだろ?患部の洗浄が甘かった?医療ミス?
    なんかもめそう。

    がんばれマルケス。チビと一緒に応援してるよ。

  6. POP84 より:

    ミックさんを思い出すので焦らず療養してほしいですね。

  7. より:

    ヤバイですね。
    抗生物質の効かない耐性菌だったらもうお手上げ。

    そうでありませんように。

  8. やっぱりoffが好き より:

    半世紀さん
    骨ってどちらかというと中空もしくはハニカム状って言った方が正しいかと・・・
    あぁこういう話は考えただけでゾクゾクする
    感染症は怖いですね医療体制が整っていても結局のところ抗生剤頼みなんだろうし合併症やら壊死やら少なくとも暫くは油断できないんでしょうね
    ましてコロナの流行のさなかで凄くナーバスな状況でしょう

  9. じゃっくばうあ より:

    初戦の傲慢な走りの代償はあまりにも大きなものになってしまった
    あの時、ヴィニャーレスの後ろで3位でゴールしただけでも恐るべきリザルトだったのにな~
    コロナで8か月のブランク、そして未知なる2020年型の初戦、色々なことを考えてもリスクを取るべき場面じゃなかったはずだ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP