MotoGP

ポル・エスパルガロ『父親になって恐怖心が出てきた…』

『エスパルガロ:父親になって恐怖心が出てきた…』

★ポル・エスパルガロは2020年末にKTMファクトリーを辞め、2021年よりホンダファクトリーからモトGP参戦する。

★エスパルガロ選手は2020年シーズン、5回表彰台に上がった(3位が5回)。

★現在、エスパルガロ選手はアンドーラで妻カルローラ・ベルトランさんと、ほぼ1才の娘アレクサンドラちゃんと3人で暮らしている。

★エスパルガロ選手が、最近、次のように話した。

「父親になってから、恐怖心がけっこう出てきました。僕は11才の時、直線コースを時速240kmで走ってたんですよ。その時点でもう仕上がってたんでしょうね…15才で世界選手権(125cc)に出るようになったわけだから。
ただ、もし明日とか自分に何かあったら、うちの娘は父親がいなくなってしまうわけでね。」

【昨年、コロナ禍でロックダウンになったことにより、娘さんの誕生後の数ヶ月間、ずっと一緒にいられたわけだが…】
「とにかく初めてのことばかりで…一種のパニック状態でしたね。息してるだろうかとか、どうしてミルクを飲まないんだろうとか…綱渡りでもしてるみたいでした。
僕なんか、本当にドギマギしてしまって…抱っこしてから妻に娘を渡した時は、子供みたいに泣いてしまったんですよ。
自分の愛情の基準みたいなものが変わってしまったようで…。不思議なもんですよねぇ。」

【しかし、2輪レーサーとしては常にギリギリの走りをしなければならず…】
「この仕事にあるリスクを考えてしまいますよね。確かに、恐怖心はあります。時には、不幸な出来事が起きることもあるわけだし、自分がやっているスポーツが持つリスクについては分かっているわけだし。
ブルノでの事故なんかもあったし…。もしあれが5年後に起きてたら、車椅子生活になってたんじゃないかと思うんですよね。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

2021年1月の『GPよもやま話』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. スネ夫 より:

    神に祝福されるかまたは神の元へ召されるかの様なレースを繰り返すダンロップ一族は、ある意味MotoGPライダー以上の存在で凄いと思うね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP