Auto Race

フェラーリ『当初、ロッシのF1テストは親切心からだったが…』ルカ・モンテゼーモロ

『モンテゼーモロ:当初、ロッシのF1テストは親切心からだったが…』

★2004年にヴァレンティーノ・ロッシは、初めてフェラーリのF1走行テストを受けた。

★当時、フェラーリはF1にマシンを3台参戦させる計画があったため、ロッシ選手のF1移籍の可能性が大きく取り沙汰された。

★フェラーリで会長兼社長を務めていたルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ氏が、最近、次のように話した。

「当時、大勢から宣伝のためにやってるんだろうと言われたんですが、フェラーリでは宣伝する必要などなかったですからね。
正直なところ、当初は偉大なチャンピオンライダーの希望を叶えてあげようと言う親切心から、テストを行ったんですよ。
ところが、なかなか強い走りを見せていたものだから。コンスタントさには欠けるものの、素晴らしいポテンシャルだったんです。
それで、ザウバーチームで1年走らせてみようかと考えたことがあったんですよ。しかし、彼は賢い若者だったし、モトGPでNo.1になれる選手だったわけですからね。4輪で4〜5番手になるリスクを負うよりも、モトGPでNo.1でい続ける方が良いと思ったわけでしょ。
その後、何回かテストはしたが、どちらかと言うと、友情からしてたと言う感じでしたね。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Twitter

モトGP業界でのロッシ選手の権力はどのくらいか?って話は、note『モトGP:権力&資金力ランキング他』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. だーと より:

    二輪から四輪はあっても、
    四輪から二輪はないよね。
    やっぱりMotogpライダーは天才!

  2. まる より:

    まああり得ませんけど、フェラーリレギュラーのバレは見てみたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP