MotoGP

中上貴晶『アラゴン転倒の時はプレッシャーとやる気が混ざり合って…』

『ナカガミ:アラゴン転倒の時はプレッシャーとやる気が混ざり合って…』

★タカアキ・ナカガミ(28才、ホンダLCR)は2020年、総合10位を獲得し、ホンダ勢トップだった。

★2020年テルエルGPではPPを獲得し、その後のヴァレンシアでは2回ともファーストローだった。
また、オーストリア2戦目ではレースが中断される前、2位を走行していた。

★ナカガミ選手が最近のインタビューで、次のように話した。

「けっこう忘れられている話なんですが、オーストリアでチャンスがあったんですよねぇ。
(PPスタート直後に転倒リタイアした)アラゴン戦の時はオーストリアとは異なり、全セッションで1〜2位に就いていて、PP獲得以外に好ペースも出せ…多くの選手から優勝候補だと目されていたんです。
ところが、スタートの数時間前から凄まじいプレッシャーを感じ始め、自分でコントロールしきれなくなってしまって。興奮を抑えきれず、『今日は僕のレースになるんだ、僕は優勝するんだ』だって感じてました。プレッシャーとやる気が混ざりあったような感じで、自制が効かなくなってしまったんです。」

【良い勉強になった…】
「そうですね。次は、あの時のことを思い出して、少なくとも第1ラップは完走できるような気がします(笑)。」

【2連戦の時、2戦目で常に強かったが…】
「1戦目で集めたデータを、常に上手く使って作業できてましたから。2戦目の方が上手くいくのは当然のような感じでしたけどね。悪くなる方が不思議な感じで。
そう言う状況だと、FP1から細かい部分に楽に集中していけるじゃないですか。」

【モトGP参戦3年目にしてトップ10入りしたわけだが…自分の強みはどこだと思う?】
「高速コーナーですね…高速の方がわくわくするって言うのもあるし。高速コーナーだと、自分のポテンシャルを…自然な資質を上手く発揮できるような感じなんですよ。
また、通常、違いを出せるのって高速コーナーですしね。」

[ 後編に続く ]


(参照サイト:『Motosprint』)

ダッリーニャ氏は、結局、ドヴィ選手のことをどう思ってたのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP