MotoGP

ペトルッチ『ドヴィツィオーゾとアラゴンの件で早々に話し合うつもり』

『ペトルッチ:ドヴィツィオーゾとアラゴンの件で早々に話し合うつもり』

★2020年10月中旬のアラゴンGP予選1で、ダニーロ・ペトルッチはチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾの後追いをして首位を獲得し、予選2へと昇格した。一方、ドヴィツィオーゾ選手の方は3位となり、予選2昇格は叶わなかった。

★それまで両選手は公私共に行動するほど良好関係だったが、この事件を機に関係にヒビが入ってしまった(下映像)。

★ペトルッチ選手が最近のインタビューで次のように話した。

「アンドレアは本当に素晴らしい人で、僕にたくさんのことを教えてくれたし、一緒にいるのが本当に楽しかったんです。
(アラゴンの一件後、プライベートで)一応、何度か顔は合わせたんですけどね。例の件について、再度話し合うようなことはしてません。でも、早々にまた話し合いたいとは思ってます。」

【ドゥカティからKTMに移籍した感想は?】
「今年の(ドゥカティの)プレゼンテーションに参加してないのが不思議な感じで。写真は見たんですけどね。
ドゥカティで過ごした年月は本当に貴重なものでした。僕のキャリアにおいて、重要な期間だったから。」


(参照サイト:『Corse di moto』)

ペトルッチ選手から見たダッリーニャ氏は、どんな人なのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP