MotoGP

モルビデッリ『ペトロナスと2022年末まで契約済みだが…ちょっと心配?』

『モルビデッリ:ペトロナスと2022年末まで契約済みだが…ちょっと心配?』

★3月1日、ペトロナスSRTが2021年のチームプレゼンテーションを行った。

★フランコ・モルビデッリが2日、リモート囲み会見で次のように話した。

[ 前編はこちら ]

【契約と言えば、モルビデッリ選手は2022年末までペトロナスと契約済みだが、ペトロナスはまだヤマハと契約しておらず…ちょっと心配な状況かも?】
「僕の力でどうにもならないことは考えないようにしています。僕は自分の仕事のことだけを考えていきますよ。
確かにペトロナスとヤマハの契約は2021年末で終了するけれど、ラズラン(ラザリ。チームマネージャー)がしっかり状況をコントロールしてくれてるから。チームにとってベストな選択をしてくれるでしょう。つまり、僕にとってもベストな選択と言うことですよ。」

【昨年は大きく躍進していたが、その秘訣は?】
「今までよりも真剣にトレーニングしてマシンに集中し…メンタル的に変わりましたね。2021年に向けても、同じような精神状態でいくようにしてきました。ただ、もう少しお楽しみ要素も加えるようにして…去年は、ちょっとそう言うのが不足してたから。」

【2021年シーズンに向け、どの辺を伸ばしていけそう?】
「レースに向けての技術的なディテールを少し…とにかく細かい部分に注意を払っていくことですね。集中すべきは、一見、大した事のなさそうな側面なんですよ。
この数カ月間、レース全体を通してのポテンシャルを高めるようトレーニングし、1周1周でもっと強い走りができるように頑張ってみました。あと、予選でもっと良い動きができるようにならないと。」

【去年は『ヤマハやチームに対し、最新機に乗せなかったことを後悔させてやる』と言う気持ちでプッシュしていたわけだが、今年もそんな感じ?】
「そうですね。同じ気持ちで頑張りますよ。2019年はライダーとしても、トラックの外での諸々についても、けっこうストレスがあったんですが、今は良いパッケージを使えてるって気持ちなんですよ。
改良マテリアルが僕のところに回ってくるかどうかは分かりませんが、上手くやっていけるとは思います。」

【他のメーカー機がけっこう進歩していそう?】
「どんな風になってくるのか良く知らないんですが…今はドゥカティ機が脅威ですね。昨シーズン終盤はミラーが好調だったでしょ。ドゥカティ勢の戦闘力が高いんじゃないかと思うんですよ。あと、スズキと。今のところ、彼らが強敵ですね。」

[ 後編に続く ]

(参照サイト:『Moto.it』)

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP