MotoGP

ミールのチーフメカニック、新型コロナ感染

『ミールのチーフメカニック、新型コロナ感染』

★ジョアン・ミール(スズキファクトリー)のチーフメカニックを務めるフランキー・カルケーディが、ポルトガルに向けて出立する前に受けた新型コロナウイルスの検査で陽性だった。

★カルケーディ氏は現在、隔離されている。なお、新型コロナのワクチンを冬季間中に接種済みである。

★今週末はカルケーディ氏の代役として、トム・オーカネ(※ギュントーリテストライダーのチーフメカニック)がミール選手のチーフメカニックを務める。

★なお、スズキのその他のスタッフは全員、ポルトガルに向けて出立する前に受けた新型コロナウイルスの検査で陰性だった。

★また、モト2クラスに参戦しているフォワード・MVアグスタのチームマネージャー、ミレーナ・ケルナーもコロナ陽性のため、ポルトガル入りしていない。


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Facebook

スズキ組はドーハで、楽勝で表彰台争いができていたはずなのに…って話は、note『2021ドーハGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP