MotoGP

ポル・エスパルガロ『マルケスが速ければ、僕にとってはただただポジティブなだけ』2021ポルトガルGP

『エスパルガロ:マルケスが速ければ、僕にとってはただただポジティブなだけ』

★4月16日(金)、ポルトガルGPでポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)がFP1で4位、FP2で12位だった。なお、FP総合も12位である。

★ホンダファクトリーに移籍して以来、初めてチームメイトであるマルク・マルケスとピットボックスで共に作業する。

★マルク・マルケス選手は9ヶ月のブランクながら、6位(+0.473)でホンダ勢トップだった。

★エスパルガロ選手のコメント。

「皆、マルクの復帰を願っていたし、僕としてはマルクが速い走りをするだろうことは明白だったんで。思っていた通りでしたね。
ホンダ機の経験も豊富だし…もう9年も乗ってるわけでしょ。はっきりとした方向性を指示できるだろうから、僕にとってもポジティブなことですよ。僕自身も伸びていきますからね。」

【マルケス選手は9ヶ月ぶりに乗って、6位だったわけだが…】
「マルクの言いたいことは明白で…『前に出たい、すぐに前に出ていくぞ』ってことですよ。
マシンを掌握していることは確かだし、僕は今日のリザルトが驚異的だとは思ってません。マルクの方が楽に乗れるんだから。マシンの限界点も分かっているし、まだ100%ではないとは言え、上手く活用していけるわけでしょ。
しつこいようだけど、マルクが速く走れるかどうかは僕ら全員にとって重要なことですからね。僕らも伸びていけるんだから。
今日、もう僕はマルクよりも遅い地点が2ヶ所あるってこと分かりましたからね。」

【ポル選手には、まだホンダ機での経験が足りないから…】
「意外に、それほど悪い状況ではないんですよ。僕は完璧に周回をこなせてないんです。プッシュしなければならないと、どうしてもミスしてしまうんで。今のところ、そこが僕の問題点なんです。
でも、それほど心配はしていません。今日はここのトラックでホンダ機がどんな挙動なのかを確認することが目的だったし、午前セッションはコンディションが悪かったですからね。
明日はソフトタイヤがもう2本使えるんで、もっと戦闘力を上げていけるでしょう。
カタールではトップ10入りなんか考えられなかったけど、今日は完璧に走れないわりには12位ですからね。ポテンシャルはあるってことです。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドーハGP決勝戦を左右した5つの鍵はなにか?って話は、note『2021ドーハGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,287
(2021/05/05 23:03:51時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP