MotoGP

2021アラゴンGP【モトGP:FP3リザルト&トピックス】

『2021 アラゴン モトGP FP3リザルト&トピックス』

★9月11日(土)、アラゴンGP モトGPクラスのFP3が行われた。

★各選手のタイムがかなり拮抗しており、いかに完璧な周回をこなすかで順位が決まっていた。

★予選2へダイレクト進出は以下の選手である。
クアルタラロー、兄エスパルガロ、ミール、バニャイア、ミラー、マルティン、弟エスパルガロ、兄マルケス、ナカガミ、バスティアニーニ。

★首位ファビオ・クアルタラロー。ペースも良好。今のところ、今回も優勝候補。
チームメイトのカル・クラッチローは12位(臨時のヴィニャーレス後任、テストライダー)。

★2位アレイシ・エスパルガロ(+0.023)。同トラックは走りやすそう。またもやチャンス到来。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは17位(+0.863)。アプリリア機での初参戦。チームメイトとの違いは明白で、まだヤマハ時代のようなスムーズな操縦はできていない。ただ、強い走りはしており、首位とのギャップは着実に縮めている。なお、今回の参戦は好リザルトを目指すためのものではない。

★3位ジョアン・ミール(+0.056)。予選が上手くいけば、今回の主役になれるだろう。
チームメイトのアレックス・リンスは14位。

★4位フランチェスコ・バニャイア(+0.058)。かなり走りやすそうで、コーナー進入やブレーキングでフロントがしっかり接地し、しっかりしている。
チームメイトのジャック・ミラーは5位。レース作業をかなりこなしていた。

★ドゥカティ勢はトップ10内に4選手入っている(4位/5位/6位/10位)。

★6位ホルヘ・マルティン。
チームメイトのヨハン・ザルコは11位。首位からわずか0.402秒差でトップ10から外れてしまった。

★7位ポル・エスパルガロ。同タイムはマルク選手を後追いして記録。
チームメイトのマルク・マルケスは8位。また転倒。走りやすそうにしている地点と、苦戦してい地点がある。金曜FPでは優勝候補と1人とみなされていたが…。

★9位タカアキ・ナカガミ。
チームメイトのアレックス・マルケスは16位。転倒。

★同トラックはホンダ機向きのはずなので、もう少し上位だと期待されていた。

★10位エネア・バスティアニーニ。初めて予選2へダイレクト進出。レースウィークエンドでのアプローチを少し変えたそうで、金曜FPから好調。
チームメイトのルーカ・マリーニは20位。

★13位ミゲル・オリヴェイラ。
チームメイトのブラッド・ビンダーは18位。

★15位ヴァレンティーノ・ロッシ。
チームメイトのジェーク・ディクソンは22位(最下位、モルビデッリ代役)。

★19位イケル・レクオナ。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは21位。

『2021 アラゴンGP モトGP FP3リザルト』



『2021 アラゴンGP モトGP FP総合リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
Schwartz
¥515
(2022/08/10 17:33:06時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP