MotoGP

ミラー、タイヤ問題『正直なところ、もううんざりだ…』2021アメリカズGP

『ミラー、タイヤ問題:正直なところ、もううんざりだ…』

★10月2日、アメリカズGPでジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)がFP総合首位で、予選 10位だった。

★ミラー選手のコメント。

【FP総合首位でFP4も首位だったのに、予選10位となってしまい…】
「FP4はハードタイヤで予選と0.2秒ぐらいしか違わなかったし、FP3は2:02.9を出したって言うのにねぇ。
もうこれで何回目なんだか…正直に言うと、もううんざりなんですよ。」

【レースに向けてのタイヤ選択は?】
「ミディアムもハードも試してみたけど、僕はハードで自己ベストを出してたんですよね。まぁ、もうちょっと走り込んでみて、決めていきますよ。」

【10位から追い上げて行かなければならないが…】
「楽ではないけど、2年前にドヴィが予選2に昇格できず…でも、レースでは4位まで追い上げてたことがあったでしょ。
今回の自分はポテンシャルはけっこうあるんで、タイトル争いで戦ってるライバルらよりは…ザルコやミールよりは前でゴールするようにしないとね。」

【レースで好スタートを切ることが重要?】
「第1コーナーのことを思うと、それは最難関でしょうね。あと、できるだけ速くに上位陣に追いついて行くようにして、それができたら引き離されないようにしないと。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ミラー・ザルコ・マリーニら、ドゥカティ苦戦組の原因は?って話は、『サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥300
(2024/05/27 17:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 岸本ジョン より:

    この発言はミシュランタイヤの品質にばらつきがあると
    暴露しているのと同じですよね。
    ライダーがここまで踏み込むのは勇気がいります。
    ネットではタイヤガチャと言われていますが
    このガチャが2026年まで続くとなると……。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP