MotoGP

ドビツィオーゾ:ドゥカティ時代の問題点をいまだ引きずっている

『ドビツィオーゾ:ドゥカティ時代の問題点をいまだ引きずっている』

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(今年3月で36才)は8年間在籍したドゥカティを2020年末に離脱し、2021年9月よりフランコ・モルビデッリ後任として『ヤマハWithU RNF(旧ペトロナスSRT)』チームに加入した。
今年は同チームから最新ファクトリー機で参戦するが、先のマンダリカテストでは最終日に16位を獲得し、3日間総合順位では19位(+0.830)だった。

★『ヤマハWithU RNF(旧ペトロナスSRT)』チームが2023年に向けてヤマハとプライベーター契約を更新できるかは、ドヴィ選手の成績にかかっている。

★同チームのウィルコ・ズィーレンベルグ氏(チームマネージャー)が、ドヴィツィオーゾ選手について次のように話した。

「ヤマハ内で、現在、もっとも経験豊富な選手ですからね。日本人エンジニア陣がマシンのどこを改善すべきかを探るにあたり、実に重要な存在ですよ。」

【フランコ・モルビデッリのチーフメカニックだったラモン・フォルカーダは同選手には帯同せず、ドヴィ選手の担当となったが…】
「レースの度にマシンを改善していくためには、フォルカーダに残ってもらわないとね。
かつて、チャンピオンライダー陣を担当し…なかには組むのが厄介な選手等もいたが(※ホルヘ・ロレンソ)…ドヴィツィオーゾは完璧主義だけど、けっこう付き合いやすいタイプですからね。
まだ息がぴったり合ってるとまではいかないが、2人とも互いを高く評価し合ってることは確かです。」

【2020年にミシュランが投入した新カーカスによるリアタイヤを、使いこなせるかどうかが鍵になるようで…】
「ドヴィに関しては、いまだそれが問題なんですよね。2020年に使っていた時と感触はあまり変わってないそうで…ただ、ヤマハのマシンの方がドゥカティよりも曲がりやすいから、楽にはなってるんですけどね。
とにかく、上手くいかないようなら、なんとか解決していかないと。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ロッシがドゥカティ機を試乗する可能性は本当にあるのか?って話は、note『2021ヘレステストまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥983
(2022/08/09 14:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    逆に言うと19年までのタイヤは相当ドヴィの操舵に合ってたというか
    有利だったのかなと思わんでもない
    今後24年にはフロントも変化するそうだし
    その頃ドヴィは流石に続けては居ないと思うけど…
    20年のドヴィみたいなことが今のタイヤでまさに脂の乗ってるライダー…
    ペッコやファビオあたりにくるかもしれない

  2. 元草レーサー より:

    タイヤって大事なものですね。最大のカスタムはタイヤ交換だ、なんて言われることもあるくらいで、、。ベテランライダーにとってはタイヤの構造なり特性が変わるってことは、慣れ親しんだライディングスタイルではタイムを削れないということなんでしょうかね。身体に染み込んだものを変えるっていうのはそれだけ大変なんでしょうね。ロッシ然り。市販タイヤで山走ってる分には銘柄の違いがわからない凡人です、、。

  3. ろしふみ より:

    残念ながらジジやドカには分かってたんじゃないか?
    マシンの改良ばかり求めてサラリーも要求するので
    厄介払いになったと思うね。

    メーカーはデータ解析でライダーの実力を測れる
    ようになってきたんじゃないかな

  4. ビアッジ より:

    ドヴィも頑張って欲しいですね
    ヤマハもバイクをもっと良い物に仕上げてくれ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP