MotoGP

2022アルゼンチンGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2022アルゼンチンGP モトGP 決勝リザルト&トピックス』

★4月3日(日)、アルゼンチンGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★総合順位は以下のとおり。
首位兄エスパルガロ(45ポイント)、2位兄ビンダー(38ポイント)、3位バスティアニーニ(36ポイント)、4位リンス(36ポイント)、5位クアルタラロー(35ポイント)、6位ミール(33ポイント)。

★首位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。ポール・トゥ・ウィン。モトGP参戦200回目にして初優勝、世界選手権参戦283戦目にして初優勝。マルティン選手との熾烈な競り合いの末、第21ラップのオーバーテイクが勝負を決めたものの、マシンを止めるのに苦戦し、最後まで気を抜けなかった。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは7位。いつも通り、序盤ラップで苦戦したが、リズムは落とさなかった。

★2位ホルヘ・マルティン(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのヨハン・ザルコは転倒リタイヤ。

★3位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは4位。グリッド8位から追い上げ。
※スズキ機のバランスの良さを証明した。

★5位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)。グリッド13位から追い上げた。今回、自信を取り戻した模様。
チームメイトのジャック・ミラーは14位。

★6位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは13位。

★8位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。現在のヤマハ機は、集団の中に入ったら抜け出せない。
チームメイトのフランコ・モルビデッリはリタイヤ。リアタイヤに穴。

★9位マルコ・ベッツェッキ(ドゥカティVR46、ルーキー)。
チームメイトのルーカ・マリーニは11位(ロッシ異父弟)。グリッド3位スタートから後退。

★10位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ)。総合首位から陥落。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオはリタイヤ(ルーキー)。

★12位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)。
チームメイトのアレックス・マルケスは15位。

★16位ラウル・フェルナンデス(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのレミー・ガードナーは17位(ルーキー)。

★18位ダリン・ビンダー(ヤマハWithU RNF、ルーキー)。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは20位(最下位)。2周走行後、フロントのホールショットデバイスがロックされ、ピットボックスへ帰還。

★19位ステファン・ブラドル(ホンダファクトリー、テストライダー)。マルク・マルケス代役。
チームメイトのポル・エスパルガロは転倒リタイヤ。

『2022 アルゼンチンGP モトGP 決勝リザルト』



『2022 アルゼンチンGP モトGP 総合順位』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥1,642
(2022/08/08 21:03:52時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    まさかまさかの結果でポイントランキングでも、まさかの組み合わせが見れてますね。アプリリアが直線でドゥカティにこんなに早く勝つ日が来るとは…マルティンもリンスもおめでとう!!ベッセッキも頑張った!
    完全ブランニューマシン勢のKTM、ドゥカティワークス、ホンダはこういうセッティング決まらない強行日程でしたが変更少ない順に改善されていってますね。ホンダもはやく波に乗って欲しいですね。YAMAHAは勝負どころで勝てない感じきつそうですね

  2. にっすん より:

    ホンダは中上選手はまともに戦えてたがポルはこれがあるから来年がハッキリしないんだろうな。ペッコは色々無茶してマシンのポテンシャルだよりに無理やり5位をもぎ取ったけどまだまだキツそう。
    アレイシは本社に写真飾られそうね

  3. 851 より:

    どのクラスもいいレースで、0時から思わず最後まで見てしまいました。アレイシの長年の苦労が報われたのは嬉しい限り。コースとの相性も勿論あるんでしょうけど、合うところでしっかり結果を出せるのは実力があるからですよね。それにしても、テルマスは2年ぶりでしたが、クラシックでいいコースだなと思いました。

  4. R125 より:

    機材の遅れから始まり、中上コロナで欠場→直前の陰性で出走、アプリリア&アレイシ初PP優勝、などなど見応え多すぎのレースでした
    本当に面白かった!

  5. うに より:

    アプリリアおめでとうだね。
    今回のスケジュールも関係しているだろうが、先の読めないシーズンだ。
    総合順位もコンストラクターズ順位も面白いことになっている。

    レース中のベストラップは、まだロッシが持ってるんだね。
    観戦中にロッシの文字が出てくるのはいいもんだ。

  6. としあき より:

    リアルタイムは無理なのでようやく見れました
    アレイシ優勝もすごいけどヴィニャの首位とのギャップ6秒も嬉しいところ
    以前はもっと首位と離れてたからね…最高でも18秒とか
    ポルもうまくいけば兄弟表彰台も見えてたから惜しかった
    でもいいポジションだったしマシンの方向性はいいんでしょう
    apriliaは優勝したけどコンセッションってどうなるんだっけか…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP