Moto Racing | Japan

ジーノ・リア、CT検査で快方の兆し:2022鈴鹿8耐

『ジーノ・リア、CT検査で快方の兆し:2022鈴鹿8耐』

★8月11日(木)、療養中のジーノ・リア(32才、英国出身、F.C.C.TSR Honda France)の家族が、同選手のInstagramで現在の容態を公表した。

《ジーノの現在の容態について、簡単にお知らせします。
CT検査の結果、(脳の)腫れが引いてきており、回復の兆しです。安定した容態で、このような外傷が引き起こす各症状は快方に向かっています。
迅速に回復していくことを楽しみにしています…そう言う力があることは分かってますから。

応援、有難うございます。

リア一家、ベラーディニスより

#keepfightingGino 》

★リア選手は8月6日(土)、鈴鹿8耐 最終FP中の転倒によりバリアに衝突し、県内の病院にヘリコプター搬送され、手術後は昏睡状態にされている。

(Photo:Instagram

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    良かった。こっから内科医含めて診ていくの大変だと思いますが頑張って欲しいですね

  2. 北海だ〜! より:

    意識回復…の吉報を待ちます。

  3. やっぱりoffが好き より:

    脳のダメージ以外の外傷はそれ程重篤なものでもないようなので、後遺症無く回復してくれたら良いですね

  4. nav. より:

    治れー!!!!!

  5. すぱおー より:

    経過良好なのでまだまだ余談は許しませんが麻酔を減らして意識を回復させたようですね。家族とのコミュケーションも取れてるそうなので良かったですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP