MotoGP

ドビツィオーゾ『僕はドゥカティとの関係が悪いわけではなく、あそこの一部の人達との関係が最悪なだけ』

『ドヴィツィオーゾ:僕はドゥカティとの関係が悪いわけではなく、あそこの一部の人達との関係が最悪なだけ』

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(36才)は2008年にモトGPデビューし、2022年シーズン途中で引退した。
ホンダやヤマハ、ドゥカティ等のファクトリー/プライベートチームから参戦を続け、2017〜2019年にはドゥカティファクトリー機で総合2位となったものの、最終的にタイトル獲得は叶わなかった。

★ドヴィツィオーゾ元選手は今後、地元近くのモトクロスサーキットを運営しつつ、自身もレースに参戦していく予定。

★先日、ドヴィツィオーゾ元選手が『Motorsport-Magazin』のインタビューで次のように話した。

[ 前半はこちら ]

【一時、貴方はアプリリアのテストライダーを務め…あのままアプリリアから参戦していたら…】
「それは一生分からないことでしょ。アプリリアは良い仕事をしていたし、良かったと思ってますよ。
リヴォラ(アプリリアレーシングCEO)は、物凄いチームを作り上げましたよね。」

【ドゥカティ時代はタイトル争いまでしていたが、結局、意見の相違で離脱することとなり…】
「どんな関係であれ、あんな風に終わってしまうのは、いつだって残念なものですよね。
基本的に、僕は常に誰とでも良好関係でいたいと思うタイプだってこともあるんですが…。ただ、あの時は残念ながら悪い結果になってしまって。
でも、1つはっきり言っておきたいんですが…だからと言って、僕は別にドゥカティとの関係が悪いわけではないんです。あくまでもドゥカティ内の一部の人達との関係が、最悪だと言うだけであって。」

【モトクロス関係以外でも、色々とオファーが来ているそうで…】
「パドック内の多くの方々に高く評価してもらっていて…僕の方でも、なにかしら寄与できるような経験があるわけだし。
モトGP関係でなにかしら続けていくことにはなるでしょうね。具体的には、まだ分かりませんが。」

[ 完 ]

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)

なぜバスティアニーニはVR46アカデミーに入らなかったのか?…って話は、note『無料記事』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. kai より:

    シーズンオフにも関わらず、連日色々な記事を上げてもらって感謝です。
    今日は大晦日。今年一年、管理人様や閲覧者の方々とイタたわGPを楽しませて頂きまして、ありがとうございました。
    また来年も宜しくお願い致します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP