MotoGP

2023イタリアGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】

『2023イタリアGP モトGP FP2リザルト&トピックス』

★6月9日(金)、イタリアGP モトGPクラスのFP2が行われた。

★金曜セッションの観客はかなり少ない。

★暑いためタイムを削るのは困難そうだったが、ソフトタイヤに履き替えた途端、どんどん区間最高タイムが記録された。

★予選2直行は以下の10選手。
バニャイア、ベッツェッキ、リンス、ビンダー、マルティン、バスティアニーニ、ザルコ、兄マルケス、兄エスパルガロ、マリーニ。

★ドゥカティ

首位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー、2022年チャンピオン)。1’45”436。仕上リ具合はベストな模様。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは6位(2022年総合3位)。ポルトガル開幕戦の土曜スプリントで転倒負傷し、遂に復帰した。ペース面では苦戦しそう。
テストライダーのミケーレ・ピッロは19位。

2位マルコ・ベッツェッキ(ドゥカティVR46、VR46ライダーズアカデミー)。+0.063。ペースも良好。
チームメイトのルーカ・マリーニは10位(VR46ライダーズアカデミー、ロッシ異父弟)。

5位ホルヘ・マルティン(ドゥカティプラマック)。
チームメイトのヨハン・ザルコは7位。

13位アレックス・マルケス(ドゥカティグレジーニ、2022年はホンダLCR所属)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは17位。

※マシン絶好調で、トップ10内に6選手入る。
※1ポイント差で総合1〜2位のバニャイア&ベッツェッキ両選手の対決が期待される。

★ホンダ

3位アレックス・リンス(ホンダLCR、2022年はスズキファクトリー所属)。サプライズ。昨日は『ホンダがカレックス製フレームを使わせてくれない』と、怒コメントを出していた。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは21位。

8位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。Biondetti 終盤、1コーナーで転倒。以前から同トラックは苦手。とは言え、相変わらず注目選手である。
チームメイトのジョアン・ミールは23位(2022年はスズキファクトリー所属)。

★KTM

4位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。KTM機の成長ぶりを証明。
チームメイトのジャック・ミラーは14位(2022年はドゥカティファクトリー所属)。
テストライダーのジョナス・フォルガーは24位。最下位。

20位アウグスト・フェルナンデス(GASGASテック3、2022年モト2チャンピオン)。
チームメイトのジョナス・フォルガーは24位(2022年はホンダファクトリー所属)。最下位。ポル・エスパルガロ代役。

★アプリリア

9位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。昨日、自転車走行中に転倒し、右かかとを負傷。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは11位。アプリリア勢で身体面は、唯一、問題なし。
テストライダーのロレンツォ・サヴァドーリは22位。

12位ラウル・フェルナンデス(アプリリアRNF、2022年はKTMテック3所属)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは18位(2022年はKTMファクトリー所属)。

★ヤマハ

15位位フランコ・モルビデッリ(ヤマハファクトリー、VR46ライダーズアカデミー)。FP1での自己タイムは0.1秒ほど削れた。
チームメイトのファビオ・クアルタラローは16位(2022年総合2位)。FP1での自己タイムを更新できず。

※午前FP1セッションでは両選手ともトップ10内だった。

『2023 イタリアGP モトGP FP2リザルト&トピックス』



『2023 イタリアGP モトGP FP2総合リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
BOSCO(ボスコ)
¥1,630
(2024/06/15 22:00:06時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. Kevin☀️ より:

    リンス最高

  2. うに より:

    クアルタラロは黄旗キャンセルが無ければ10位はいけそうだったのに。。

  3. ギリギリ爺い より:

    ポルはまだ復帰出来ず残念だが、他は揃って嬉しい。イタリアで怪我人が出ない事を願ってます。

    日本車勢が厳しい中、リンスがまたミラクルを魅せてくれそうな予感。期待してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP