MotoGP

ホルヘ・ロレンソ、新『1』デザイン決定!

今季、見事、総合優勝を決めたホルヘ・ロレンソ選手の新ゼッケン『1』。
一般ファンに向けてデザイン募集をしていたのが、ついに決定したようです。
見た目はカワイイ感じですが、コンセプトが気にいったのかなぁ。

モトGP 『ホルヘ・ロレンソ選手、No.『1』を決定』

ホルヘ・ロレンソ選手が、来季のヤマハ愛機を飾るゼッケン『1』のデザインを当サイト読者に要請していたのだが、担当者のもとへ届いた2,800余りの応募の中から、遂に9日、1位のデザインが選ばれた。
見事1位に輝いたのはFondiazさんデザインで、ホルヘ選手のイニシャル『JL』とゼッケン『1』を組み合わせている。Fondiazさんは写真加工も駆使し、同デザインとヤマハ車体デザインとの組み合わせが完璧であることも示している。
グランプリ賞品としてFondiazさんには、ロレンソ選手が優勝を決めた今シーズン中、愛用していた『X-lite』のオフィシャルヘルメットが贈られる。

Fondiazさんは受賞作品の側で、次のようにコメントしている。
「ファンの一人として走りだけじゃなく、ロレンソ選手の風貌やキャラクターまでを考え、今後も何度も栄光に輝くであろうゼッケンに盛り込んでみました。」
ロレンソ選手が当サイトに新ゼッケン選考を依頼してきたのは今回が初めてではなく、旧ゼッケン『48』を変える際にも当サイトからファンに呼びかけ、その結果、今年のモトGPクラスで優勝に輝いたゼッケン『99』が選ばれたのである。

ソーシャル・ネットワークのファン
ロレンソ選手はソーシャル・ネットワークが大のお気に入りで、自身のブログにもフェイスブックやツィッターを付け、常にファンとのコミュニケーションを楽しんでいる。例えば、今回の新ゼッケンのデザイン募集などの企画があった時は、すぐにそこから発信するわけ。まだ、最終決定稿と言うわけではないのだろうが、来季のタイトル防衛に向け、マシンを飾り上げるようと考えているのだ。

現在、ヴァカンス中のロレンソ選手は次のようにコメントしている。
「Marca読者の皆さんに感謝しています。僕の願いをこんな風に叶えてもらえるなんて、誇らしい気分です。新ゼッケンのデザイン完成には、皆さんからのアイデアが絶対に役に立ってくれると思っています。ゼッケン『99』は2年間使ってきたので、それを変えられるのかどうか、まだはっきりしていませんが、だからこそ皆さんのアドバイスをお願いしたんです。」


(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事: Marca 2010年12月10日



イタたわGP関連記事
ホルヘ・ロレンソ:バレンシアのテスト結果&インタビュー
ホルヘの誓い、性格を直す!:ホルヘ・ロレンソ
ホルヘ・ロレンソ激白、ロッシに何も学ばなかった
ロレンソ!ストナー!本音を言えよ!!:バレンティーノ・ロッシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP