MotoGP

素敵サプライズ青山&迫力満点シモンチェッリにグレジーニ大満足!

モトGP 『モトGPオフィシャルテスト:チーム・グレジーニは満足』

セパン公式テストにおいて青山&シモンチェッリは、その速さを実証




マレーシアのセパンで行なわれているモトGPオフィシャルテスト第2日目。
ダニ・ペドロサ選手が出した途方もないタイムはさておいて、チーム・サン・カルロ・ホンダ・グレジーニのライダー2名も向上の一途をたどっている。
両選手のために皆一丸となって働き、トップクラスに食い込む成果を上げたのだ。
より安定しているのはシモンチェッリ選手で、迫力あるブレのないライディングで5位のタイムをたたき出している。しかし、6位となった日本人ライダー青山選手が見せた進歩もまた、極めてポジティブなものである。
明日のテストは、『スーパー・シッチ』にとっては本番のシミュレーションとなるだろうし、青山選手にとっては確固とたる手応えを探る場となるだろう。




マルコ・シモンチェッリ選手のコメント
「ペドロサ選手が出した途方もないタイムはさておいて、文句なしにウレシいです。まぁ、ペドロサ選手はレースの時、いつだって最速チームに入ってますからね。
昨日よりセッティングも良くなったし、電子系統も色々と試してみたんでね。マシンの基本レベルは上々だし、僕もチームもみんな、どんどん経験を積んでいってるって言えるんじゃないかなぁ。作業をどんどん具体的なものにさせながら…ね。去年、ホンダのテレメトリストと話した時、ちょっと難題があったんだけど、今じゃ全てが容易くなって、自分らの手に負える状態なんですよ。
ヴァレンシアでのテスト結果はポジティブだったし、それで確信が持てたんですよ。特にトラック上での確信がね。あそこは今まで、特に速く走れたことなんかなかったコースでしたから。
…と言うわけで、今後に向けて自信を持ってます。明日は本番シミュレーションをするつもりなんですが、もし体調が許すなら…ね。だって、ここときたらね!マレーシアの暑さってヒドいもんだから!」

青山博一選手のコメント
「今日は、一番良い『セット・アップ』を探るのにソフトタイアを使ってみたんですよ。マシン両方に乗ってみて、セッティングとバランスのテストを数えきれないぐらいやりました。それぞれ両方の結果を比較するのにね。
今日のテスト開始時点では、ちょっとだけ大変だったんですけど、最後は文句なく良くなったし、けっこう強くプッシュできるようになったんじゃないかな。昨日のタイムより上がったし、タイムが上がるって言うのはいつだって良い兆しですからね。
明日は、もっとしっかりした状態にしてゆきたいです。今日、マシン2台を試してみて出た結果を使いながらね。」

ファウスト・グレジーニ氏のコメント
「またポジティブな一日が胸に刻まれました。シモンチェッリは確実に進歩できるようになって、その状態に手応えを感じている。青山の方は、我々にとっては素敵なサプライズでしたね。青山には丁度良い刺激が必要だったし、私が思うに、このチームがそれに一役買ったんでしょうね。
ホンダが創り上げた勝てるマシン…この偉業を、より前に進ませ、具体的な結果を添えるようにしてゆきますよ。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: Motosprint 2011年02月02日




サン・カルロって
スナック菓子のメーカーなもんですから
ここのツナギやマシンを見ると
ど〜もポテトチップスが食べたくなって…

やっと伊サイトに記事が出た
青山博一選手にこのまま頑張れクリックPer favore

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP