2014ザクセンリンクGP【予選&FP4経緯】:モトGP・モト2・モト3

Pocket


モトGP『ザクセンリンクFP4・予選1・2の経緯』

gpone-motogp-qp-2014germania.jpg


★[予選2]マルク・マルケス(ホンダファクトリー)が1分20秒937で記録更新と共にPPを獲得。なお、これまでのPP記録はケーシー・ストーナーによる1分21秒067。
マルケス選手がパルクフェルメでコメント。
「セカンドタイヤの方が少し上手くプッシュできました。最初のはちょっと問題があって。物凄く良いタイムが出せました。レースペースも本当に良いんで満足してます。」
リヴィオ・スッポ(HRCチームマネージャー)のコメント。
「これまでの私のキャリアでマルク・マルケスのような選手は初めてです。あの状態で…本当にこんなの見た事がないですね。絶頂期のヴァレンティーノ・ロッシでさえ、こうではなかったですよ。」

★[予選2]2位ダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー、+0.296)のコメント。
「最初のタイヤが上手く行きました。セカンドタイヤは…2周目でプッシュしてみたんですが、多分、穴に嵌ってしまったのか…転倒してしまいました。セッティングが上手く行ってるし…ファーストローですからね。明日はフロントタイヤのチョイスで差が出てくるでしょうね。」

★[予選2]3位はホームレースのステファン・ブラドル(LCRホンダ、+0.403)。
ブラドル選手のコメント。
「ファーストローはかなり重要です…ホームレースではね。今日は素晴らしいリザルトでした。明日は表彰台を狙って行くが、厳しいでしょうね。ヴァレンティーノ(ロッシ)が予選では悪戦苦闘してるけど、レースは本当に速いですからね。」

★[予選2]1〜3位までホンダ。ヤマハ勢トップはオープンのアレイシ・エスパルガロ4位(+0.439)。

★[予選2]ドゥカティ勢トップはアンドレア・イアンノーネ(+0.742)。

★[予選2]ブラッドリー・スミスが第3コーナーで転倒(ヤマハテック3、9位、+0.857)。今週末はこれで4回目。ダニ・ペドロサも転倒。

★[予選2]セッション開始、ホルヘ・ロレンソに『Vamoss(行くぞ〜〜)』と書かれたピットボードが出される。

★[予選1]カル・クラッチローが第11コーナーで転倒。予選2行きはニッキー・へイデンとアンドレア・ドヴィツィオーゾ。
2014年07月12日Gpone記事参照)

モト2『ザクセンリンク予選の経緯』

gpone-moto2-qp-2014germania.jpg


★ドミニク・エガーター(スッター)が1分24秒761を刻み、キャリア初のPPを獲得。昨年のジョルディ・トーレスによるベストラップより0.1秒遅い。
エガーター選手のコメント。
「興奮してます。今週末はずっと良いレースで、このリザルトで当然なんじゃないかと思います。あとはレースでもこれを繰り返さなければ…厳しい事は覚悟してます。でも心の中では、初勝利を獲得できるんじゃないかと思ってます。」

★2位はミカ・カリオ(カレックス、+0.124)。チームメイトでランキング首位のエステヴェ・ラバトが3位(+0.271)。

★イタリア勢トップはイタルトランスのフランコ・モルビデッリ(カレックス、+0.357)の5位。
モルビデッリ選手のコメント。
「良い感触ですね。チーム全体で良い仕事振りだったんで、結果は見えてました。僕は本当にギリギリで…今度はレースのことを考えねば。そっちの方が重要なんですから。」

★転倒はルイ・ロッシとマルセル・シュロッターで、ケガはなし。

★レース・ディレクションよりモルビデッリ選手に危険行為ライセンスに1ポイント科せられた。赤信号が出ているのにピットレーンから出たため。
2014年07月12日Gpone記事参照)

モト3『ザクセンリンク予選の経緯』

gpone-moto3-qp-2014germania.jpg


★ザクセンリンク戦モト3予選は終了18分前に雨が降り始め、チェッカーフラッグの5分前に止んだ際には、もうタイムを削られるようなコースコンディションではなかった。

★PPを獲得したジャック・ミラー(KTM)のコメント。
「単に、またPPを取ったって事です。僕は明日に集中しなければ…そっちが目標ですから。アッセンではPPを活用しきれなかったんで、明日は上手くやらなければ。」

★2位アレイシ・マスボウ(ホンダ、+0.109)、3位アレックス・マルケス(ホンダ、+0.146)。
マルケス選手のコメント。
「ここのコースは難しいんです。セットアップでトラブってしまって。予選では色々と変えてみたら、良い感じになってくれました。明日のレースが重要ですね。」

★VR46チームのロマーノ・フェナーティは午前FP3でマシンの技術トラブルに見舞われ、予選セッション序盤まで作業を行われたものの、タイムアタックをかけようとした際には雨が降ってきた。結局、フェナーティ選手は25位(KTM、+1.466)。

★昨年のルーキーズカップ・チャンピオンで、ミラー選手のチームメイトのカレル・ハニカが今シーズン最高の予選4位を獲得(+0.360)。

★イタリア勢トップはエネア・バスティアニーニの10位(KTM、+0.755)。
2014年07月12日Gpone記事参照)

人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

3 Responses to 2014ザクセンリンクGP【予選&FP4経緯】:モトGP・モト2・モト3

  1. bb 2014年7月13日 at 9:17 AM #

    結局これかぁ・・・

  2. 'v' 2014年7月13日 at 12:10 PM #

    やはしまた今回もかなわないのかな。しかし毎回一人だけタイムが抜きん出ているのがすごい。みんないろいろ言い訳を言うけど、マルクは言い訳なしに毎回トップ。どうすればいいかねえ。

  3. 2014年7月13日 at 2:33 PM #

    又もや、マルケスのレコード赤走りが映らなかった。一体どうなってんだ。まったく。

    転倒、首~!! も、スチルしかないし。 ビデオカメラマン、スイッチャーは馘首。

    それはさて置き、21秒台ロングランに、ストーナーの記録を破り、一人20秒台突入、この短いコースで、0.3の差を付けポール。

    無敵。
    スッポ「あの状態で…」とは、やっぱり首? 筋が延びてそうですが。ムチウチ? 大丈夫なんでしょうか?

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top