ロッシ、芳賀紀行と同様に提訴がマイナスになるかも…

Pocket

『ロッシ:TASへの提訴がブーメランになるかも』

rossi-tas-gozzi.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシが10月30日、ローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所(TAS)に、セパン戦で科せられた処罰の軽減もしくは撤回を求め、正式に提訴している。

★ロッシ選手はセパン決勝戦後、3ポイントのペナルティを科せられ、既にミザノGPで科せられていた1ポイントと合わせ、計4ポイントとなり、ヴァレンシア最終戦では最後尾スタートが決定していた。
ロッシ選手はスポーツ仲裁裁判所にこの3ポイントの撤回、もしくは1ポイントへの軽減を求めており、受理された場合にはヴァレンシア最終戦での最後尾スタートは免れる。

★しかし反対に、スポーツ仲裁裁判所(TAS)がロッシ選手の現在の処罰を軽すぎると判断し、さらに重くする可能性もある。

★ロッシ選手へのレース・ディレクションおよびFIMの処罰は『レース中にアンフェアな操縦をした』ことに依るのだが、その一方でレース中に走行順位を下げられるような処罰は科せられておらず、結局、処罰の施行は次戦に持ち越されていることが、スポーツ仲裁裁判所の裁判官には矛盾と映る可能性もある。

★スポーツ仲裁裁判所はロッシ選手に対し、最高尾スタートを撤回する可能性もあるが、3位ゴールで獲得した16ポイントを剥奪する可能性もある。

★なお、レース・ディレクションはマルク・マルケスに何ら処罰は科しておらず、最終判決は現在ある判決文が基にされ、推定や証拠の追加などが取り入れられることはないため、今後、マルケス選手に処罰が下る可能性はない。

★2000年にノリユキ・ハガがSBKキャラミ開幕戦(南アフリカ)のレース1で2位、レース2では優勝し、計45ポイントを獲得した。
しかし、ドーピング検査でエフェドリン(※興奮剤としての効果は弱いが、ブラックリストに掲載されている)が検出され、40日間の審理を経て、まず『Federmoto Internazionale(スーパーバイク・コミッション)』より45ポイント剥奪および1ヶ月の出場停止処分が科せられた。
ヤマハが同処罰に対し異議を申し立て、6月30日(シーズン中盤)にFIM(国際モーターサイクリズム協会)よりポイント剥奪はそのままながら、出場停止は3週間に短縮される判決が出された。なお、短縮の理由として『鈴鹿8耐レースに参戦できるように』と判決文に書かれていた。
その後、ヤマハはスポーツ仲裁裁判所に提訴し、審理中もハガ選手は通常通りに参戦し、エドワーズ選手とのタイトル争いを続けた。
スポーツ仲裁裁判所より最終判決が出されたのはSBKブランズ・ハッチ最終戦の2日前で、結局、キャラミ開幕戦レース1で獲得した20ポイントの剥奪は撤回されたが、レース2の25ポイント剥奪は有効となった(※理由はドーピング検査が行われたのは同ラウンド終了後だったため)。なお、出場停止処分については当初の1ヶ月が科せられた。もしもポイント剥奪処分の全てが撤回されていれば、ハガ選手はエドワーズ選手と僅差で最終戦に挑むことができただろう。しかし出場停止処分の実施により、ブランズ・ハッチ最終戦には参戦することも叶わなかった。

★奇しくも当時のハガ選手も現在のロッシ選手同様、ヤマハファクトリー選手である。

(2015年10月30日『Inside superbike』記事参照)


メルマガ号外 2015年10月31日 発行】
【2015年セパンGP内輪話】

●ロッシvsマルケス接触転倒まとめ
●ロッシはどこでミスをしたのか?

6日には判決が出ますね……クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

32 Responses to ロッシ、芳賀紀行と同様に提訴がマイナスになるかも…

  1. motobeatle 2015年11月3日 at 9:36 AM #

    なるほど!なるほど!
    むしろ、その方が良いと思います。
    やっぱり、あの時はレース中にブラックフラッグかライドスルーが課せられるべきだった。
    ドツボにハマった一貫性のない裁定をドルナに代わって裁判所が解決できたら、これは痛快です。
    ロッシとロッシファンは許さないでしょうけどね。

    • mrt 2015年11月3日 at 2:45 PM #

      同感です。私もあの場面で、なぜレース中にペナルティが出なかったのか疑問でした。過去のレースで意図的な走行妨害あったなら、数週後にライドスルーとか出てましたのにねぇ。個人的には黒旗だと思いますけど。

    • ペロ 2015年11月3日 at 6:41 PM #

      資金力や才能や人気が平等なんてあり得ませんが、
      競技のルールは公平でなければ競技の意味がない。
      そんな競技止めちまえと思います。
      ロッシの減刑嘆願してる何十万人とドルナで
      『ロッシと仲間達のロッシ万歳カップレース』とかやってればいいのに。

  2. バタバタ 2015年11月3日 at 9:44 AM #

    ドーピングとは全く違う要素なので、こういうレーシングアクシデントの線引きは裁判所が果たして可能なのか。

    一般大衆にも、分かりやすい水準で判決を出さなければ歴史に汚点を残しかねない。

  3. maxtu 2015年11月3日 at 10:24 AM #

    motobeatleさんと同意ですね。
    あくまでも当該レースでペナルティを与える、この方がスッキリするしシンプルだ。
    レーシングアクシデントの線引きと言われるけど、ドルナの判断はポイントを剥奪しないで最終戦まで興行的に引っ張りたいのが垣間見えますからね。これも一般的に見ればマトモじゃ無い考えですよ。

    このままヴァレは最後尾スタートとしてもポイントは上だから、ホルヘがリタイアすると王者決定ですからね。
    予選で怪我や体調不良、本選でマシントラブルなどノーポイントに繋がる要素は山ほどある。
    ポイントでホルヘの下になる方がペナルティとしては重いし、納得する人も増えるのでは?

    • motobeatle 2015年11月3日 at 1:17 PM #

      公式サイトによると、バレンシアのプレカンは中止。
      代わりにFIMとドルナの会長がライダーを招集するとありますね。
      これもかなり異例ですね。
      でも示しをつけられるのかなw

  4. 9191 2015年11月3日 at 10:38 AM #

    確かにスポーツ仲裁裁判所に提訴すればさらに罪が重くなる可能性がある。
    本来ならセパンでのロッシは失格ノーポイントが妥当なはず。
    それがそうならなかったのはロッシがmotogpのスターで人気も権力もあるからである。
    ドルナもそんなロッシに配慮して失格にせずにグリッド降格と甘々の裁定をした。
    しかしスポーツ仲裁裁判所はmotogp・ドルナとは独立した機関なので公平に判断するはず。

    ロッシ信者は蹴っていない。頭が当たった。レバーが当たったと反論しても。
    第三者の公平な機関からみればあれはどう見ても蹴っているし。

    • mrt 2015年11月3日 at 4:29 PM #

      全くその通りだと思います。
      モトGPに興味の無い家族にあの場面を見せると、「あっ、前の人、蹴った」と、みな言います。やはりそうしか見えないんですよ。

  5. わかめ 2015年11月3日 at 10:46 AM #

    ブラックフラッグでノーポントが妥当だと思う。

  6. サイアク 2015年11月3日 at 11:01 AM #

    真偽はわかりませんが、別の考察が書かれてるサイトもありますね
    判決が出るまで6~12ヶ月かかるので、それまでペナルティの実行を保留せよというのが今回の狙いだと
    で、それが6日に通った場合は、通常グリッドからスタート出来る
    半年後にペナ3が覆らなくても、その頃にはチャンプ取って引退してるから実害無いとか…
    でもポイント剥奪になる危険もあるし、みっともない事はヤメテ欲しいですよね

  7. kents 2015年11月3日 at 11:22 AM #

    長引かせてチャンピオン取っても後にノーポイント判決が出たらポイント差にもよりますがチャンピオン剥奪になりませんかね?
    過去のドルナの裁定事例と比較したら明らかに今回のは甘いってなる気もしますね。
    どうなる事やら。

  8. バタバタ 2015年11月3日 at 11:33 AM #

    HONDAとYAMAHAからのデータと映像解析と当事者からの主張など、可能な限りすっきりするようにして欲しいですよ。

    HONDAもマルクをしっかり教育しきれないことも想像できます。

    私はいまもケーシーに戻って欲しいです。

    • mrt 2015年11月3日 at 3:41 PM #

      マレーシアのプレカンで、個人口撃や妄想的なことを言っているロッシはどうなんでしょう。
      若いマルケスの方が、よっぽど大人に見えますが。

      • ダニロッシ 2015年11月4日 at 1:16 PM #

        同意します。

  9. えっとw 2015年11月3日 at 12:15 PM #

    えっとw

    ドルナの裁定が明らかに常識では図る事ができないので、今回悪意を持って危険行為を行ったロッシには正義の制裁が下される事を期待します。前戦のポイント剥奪は確実に行って欲しいのは全てのMotoGPファンが望む事ですから。。。

    後はイタリアのメディアの噂どうりにロッシのヤマハ放出が現実に行われる事が、一部のロッシ信者を除き全てのMotoGPファンが望んでいる事なので、ヤマハは間違いのない対応をして欲しい。。。

    以前私もコメントさせて頂きましたがロッシのチャンピオンシップを邪魔するな発言。
    中本氏もコメントしておりましたが、チャンピオンシップのかかったチームメイトであるロレンソへの執拗で危険な体当たりは(モテギ)なんだったのか?
    当時、ロッシは自分よりも実力のあるロレンソの事が非常に嫌いで本当に危険な行為をしていました。それなのに前回のプレスカンファレンスでの発言。矛盾してますよね?
    これに対してロッシ信者は目を向けなければなりません。

    125~500cc時代では大好きだったロッシ。それ以降は年々、汚い発言や危険行為を行う彼の事が憎らしくさえ感じます。
    今回の事件は本当に最悪でした。彼にはもうプロのレーサーとしてサーキットを走って欲しくないです。

    バレンティーノ・ロッシ。。。おつかれ様でしたWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
    これ以上、MotoGPの品格を損なう事をしないでくださいWWWWWWWWWWWWWWWWWW
    どうか次戦は出場しないでください。長い間、本当にお疲れさまでした。

    • 坂本八 2015年11月3日 at 1:29 PM #

      キャラ崩壊していますがお許し下さい

  10. 修羅朱種酒 2015年11月3日 at 12:21 PM #

    もはやドルナって、プロレスのレフェリーか解説者のようなもんですよ。
    見世物を成立させるための小道具。ちなみに私プロレスファンです。

    • ミン 2015年11月3日 at 7:40 PM #

      プロレス好きなら、そんな言い方ヒドいですよ…

  11. mac 2015年11月3日 at 2:10 PM #

    前々から言われていますが、最後尾スタートは、他の遅いマシンに乗るライダーが危険になるので、ペナルティとしてよくないですね。

    またロッシにとって、フリープラクティス(と予選)は、すべて決勝に向けてのセッティングに充てられますね。

    胴元ドルナは、最終戦の興味を薄れさせたくない。
    レースディレクションはロッシにペナルティを科さなければいけない。

    普通にレースを終わらせて、レース結果に30秒のペナルティを科すのが良かったと思います。
    まぁ、ロッシでなければライドスルーどころかピットストップ10秒間のペナルティがレース中に出るとは思いますが。

    あれ、ロッシがFP3までで10位以内の場合は、Q2に出れるのか?それとも予選は出走禁止なのでしょうか?どこかにその情報って載っていました?

    • mrt 2015年11月3日 at 7:36 PM #

      私の予想ですが、予選は通常通り行って、確保した予選順位は、空きに成るだけだと思うんですが。

  12. masa2302 2015年11月3日 at 2:16 PM #

    みんな日頃の鬱憤をここで吐き出すかのような汚い言い方はやめましょう

    自分はロッシファンでアンチマルケスです

    • TKM 2015年11月3日 at 4:30 PM #

      同感です。Cycle Worldからの引用ですが
      I’m especially sorry to read the public outpourings of bile from persons who seem less interested in the facts of this matter than they are in taking an excuse to spew. This is discouraging.
      まさにこの気持ちです。
      みんなそんな事を腹に抱えながらGP観戦していたんだな、と驚き、また悲しい事だと感じました。

  13. aki 2015年11月3日 at 2:48 PM #

    125時代からのロッシファンですが、今回の件については言葉もありません。
    裁定が更に厳しい内容であることを望みます。
    こんな形でもしロッシが引退となつたら、長年のファンとしてはとても悲しいですが,万が一来期もロッシがgpを走るようであればとても応援することはできません。
    でもホントにロッシは最後の最後に迷走しまくりですね。

  14. チョコボ 2015年11月3日 at 3:19 PM #

    二輪レースファン少数派日本で、この荒れよう…
    最終戦バレンシアはどうなるんだろう?
    週末の事考えたら、ゾワゾワ((((;゚Д゚))))))) 怖。

  15. ざんばじ~る 2015年11月3日 at 6:48 PM #

    バレンシアではプレスカンファレンスやらないみたいですね。
    ええもうアレやらない方が良いです。
    なんでロッシはあんな事言っちゃったかなぁ(´д`)=3

    • スプリガン 2015年11月3日 at 8:16 PM #

      それだけ精神的に追いつめられてたんでしょ?
      もう速さもマルケスやロレンソ並にないのは明白で
      チャンピオンになるチャンスは今年が最後だと思いつめたんでじゃないかな

      あれだけ勝利をもぎ取ってきたライダーも
      ドカティで勝てない時を経験して
      ロレンソとかマルケスおべにっかを使ってたりもしたけど
      やっと勝てるようになって、連続チャンプなマルケスが転倒しまくって
      転がり落ちてきた2015チャンピオン・・・
      引退も見えてきた年齢だしチャンピオンに返り咲いてから引退したくなったんじゃないかね

      それがあんな見っともない行為をしてしまって台無しにしてしまったw

  16. スナフキン 2015年11月3日 at 8:11 PM #

    正直言って、やってることについてはどっちもどっちって感じてるんですが、ルール的にアウトのロッシが甘いのか適度なのかは別にして制裁があったわけでしょ?

    ヨーロッパでの世論的にはどんな感じなんでしょ?

  17. WalterWolf 2015年11月3日 at 8:44 PM #

    ブーメランか…。

    トラブルメーカーマルケスにもブーメランを。

    ペドロサが走りで引導を渡してくれれば一番なんだけど。

  18. 774 2015年11月3日 at 9:05 PM #

    もう予想とか妄想とかどうでもエエから。
    黙って見ていましょう。

  19. mrt 2015年11月3日 at 9:55 PM #

    ペナルティは、本来そのレースの中で行うべきで、より重大であれば、プラス以降のレースの出場停止が加算されると受け止めました。
    ただ羽賀選手の場合、薬物はレース中には分かりません。
    今回ロッシの違反は、セパンレースの前半に起きて、わかっているにもかかわらず何の処罰も無く、次回レースに持ち越されたということです。
    もしペナルティポイントが2点だったら、合計3ポイントでなんの処罰も無かったことになります。さすがにこれはオカシイ。

  20. YAMAHAが好き 2015年11月3日 at 10:48 PM #

    good-by VR!!

  21. ニトロ芳賀命 2015年11月4日 at 12:29 AM #

    う、、、。
    嫌な事を思い出させるなぁ。

    勿論、提訴についての引き合いである事は分かっていますが、芳賀の事を知らない人から見たら、ちょっと印象が悪いネタです。羽賀ではありません、芳賀っす、お願いします(悲)。

    あれは知らずに飲んだ漢方薬が原因です。
    故意の危険行為とは次元が違う事、またペナルティに対して、その後のレース結果で意地を見せた事を一言添えさせて頂きます。

    過去のヒーローについては無関係だと思う人には、余計なコメントでごめんなさい。

コメントを残す

 

Top