MotoGP

ヤマハ『ロレンソが残留したら驚き』リン・ジャーヴィス

『ジャーヴィス:ロレンソが残留したら驚き』

lin-jarvis-1.jpg


★ホルヘ・ロレンソのドゥカティ移籍の可能性がますます高まり、公表も間近と目されている。

★ヤマハのリン・ジャーヴィス氏(マネージング・ディレクター)が『Speedweek.com』に次のように語った。

「ホルヘ(ロレンソ)に契約書を渡した日から一日一日過ぎていくごとに、うちの見込みも、今後、ホルヘと共に組んで続けていく可能性も少なくなっていってますね。一日過ぎていくごとに、他に移籍してしまう確率が高まっています。ここまで来ると、うちに残留したら驚いてしまうでしょう。」

(2016年04月12日『Motoblog.it』記事参照)


実は、今回のオースティンGPではロレンソ選手のドゥカティ移籍について、ご本人に代わって公表した人が複数いまして…その一人がロッシ選手。
詳しくは4月16日(土)発刊のメルマガで。
4月メルマガは4月30日までに登録すれば全部無料で読めますんで、まずはこちらでも、どうぞ!

【2016オースティンGPまとめ その1 ホンダ&ドゥカティ】[2016年04月13日 Vol. 86

●ペドロサ『ドヴィツィオーゾにもう一度謝りたい』
●ドヴィツィオーゾ『ある意味においてはツイていた』
●ウィング問題勃発まとめ

[amazonjs asin=”4105066110″ locale=”JP” title=”小さなサプライズから始めよう: 人を喜ばせる39のルール”]

どきどきクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. motobeatle より:

    もう、その次元でしょうね。
    ヤマハに取っちゃ手痛いことでしょう。
    当初、開幕前に契約したいと言っていたロレンゾが何故こうなってしまったのか?
    なんなんでしょ?
    ことの真相は決して明らかにはされることは無いでしょうが知りたいなぁ。

  2. 9191 より:

    何故ロレンソがこうなったかって。
    それはヤマハはロレンソがタイトル獲得してもロッシを優遇するからでしょう。

  3. ぽす より:

    驚き というより ガッカリ なんだろうな
    レースというのは技術開発の一環ではあるが

    せっかく技術者がたいへんな苦労をして勝ったとしても
    ライダーが人気なくてブーイングの嵐だわ
    やめさせろ!という抗議ばかり来るんじゃ

    広報活動というもうひとつの側面は達成できないわけだしなぁ…

  4. kkk より:

    バレンティーノという究極のカリスマライダーを選んだヤマハは商業的にはいいのかもしれないがこれからを考えると確実に勝てなくなるかと…

  5. BUELL より:

    強いライダーがメーカーごとに分かれた方がおもしろくなるとは思いますが、あれだけヤマハで走り続けたいと言っていたのにこれは意外でした。

  6. ステカセキング より:

    2年毎に移籍しなあかんとかってルール出来たらおもしろそう!

  7. クラッチ郎 より:

    GPチームの大将が言うのならそうなんでしょう以上でも以下でもなく。
    YZRに誰が乗ろうとヤマハチームは全力で勝ちに行けばいいだけの事。
    仮にそうだとして後はGP全体の人選がどうなるのか?興味は尽きないけど。

  8. 修羅朱種酒 より:

    日に日にロレンソ包囲網狭まっていく・・・
    ジャーヴィスのコメントは半分ジョークなんだろうけど、その半分が猿の行動でどんどん色濃くなってますね。
    王者なのにまだ契約金安いんだろうか?マルケスはとっくにロッシ以上もらってるけど、まあ別メーカーなので。

  9. なは より:

    強いYAMAHAであって欲しいから残留して欲しいわ

  10. ペロ より:

    2017はロレンソ&ストーナー、だったらびっくりする

  11. A-jl より:

    ブーイングねぇ、、
    要はロッシ含めロッシファンにとったら強いチームメイトより弱いチームメイトを望んでるのかな。

  12. ざんばじ~る より:

    ヤマハ側からこんなコメントが出るようでは~もう決まってるんでしょうね。
    ロレンソのコメントからして引退するまでヤマハで走ると思ってた。

    そうなるとヤマハは来年誰を走らせるのか?
    そんでドカのどちらが残るのか?(二人とも良いライダーなので3台体制でお願いしたい)

    ん~そうなるとホンダも気になる、来年ペドロサとの契約しないかも?
    11年間同じワークスチームで走ってチャンピオンになってないライダーって過去にいないと思う。
    今年も出足から不調ですし・・・ってホンダはマルケス以外サテライトもイマイチか~www

    イロイロ考えるともしかしたら来年は各ワークスチームがライダー変更で
    パワーバランスが崩れ大変な年になるかも?
    って今年まだ始まったばかりでした。
    ヨーロッパラウンドからの勢力図がどうなるのか楽しみです。

    • maxtu より:

      大物ロレンソが動けば玉突き移籍はあるかも知れませんね?

      2011年ヴァレと入れ替わりに動いたストーナーがHONDAでチャンプ獲ったように何が起こるか。

      ロレンソが加入すればドビィはセカンドライダー?ならYAMAHA移籍も面白いかも。テック3時代も成績残してますよね。
      YAMAHAワークスのドビィも見てみたい気もします。最近不運続きだけに(笑)

      管理人さん情報ではヴァレとビーニャが急接近?!みたいな話しもありましたし、逆にロレンソが抜ける穴が気になってきました。

      • しいちゃん より:

        > maxtu さん

        それ、私も希望したい。YAMAHA ワークスで走るドヴィちゃん。
        でもとりあえず今年 DUCATI で成績のこしてからだな・・・。

        • maxtu より:

          >しいちゃん

          以前、管理人さんのイタリア情報ではドビィにもオファーって噂ありましたしね。
          もし、HONDAがペドロサの替わりがヴィーニャなら…

          ドビィ的にはDUCATI、YAMAHAワークスどっちが良いのだろう?

      • ざんばじ~る より:

        maxtuさん

        確かドヴィツィオーゾはテック3で走ってる時にスピーズの後釜狙ってたんですよね。
        でもロッシが来ちゃって・・・ならってドカワークスへ!って感じで今のシートに~

        チームの成績から考えるとドカワークスよりヤマハワークスの方が良いのかな?
        ヤマハがビニャーレスよりドヴィツィオーゾ欲しがる!もしくはスズキがビニャーレスを死守!
        ならドヴィツィオーゾのヤマハワークスの可能性もアリ!?

        気が早いのは分かるのですがやっぱ気になりますよねwww

        • maxtu より:

          そうか。本当ならスピーズの後釜でしたよね。

          ヴァレの開幕からの走りを見る限りYAMAHAとしてはセカンドライダーには確実に結果を残せるライダーが欲しいと思うんですよね。
          スペイン人のヴィーニャはスポンサー、チーム構成的にも好ましい人材だと思いますが確実性ならドビィ。

          ひょっとしたらヨーロッパ序盤数戦の成績が決め手になるかも?
          ジャービスの次の一手とこれからのレースに注目ですね。

  13. うーん、マーベリックのホンダ入りは絶対ないな。125の時蹴っ飛ばして、レース辞退していなかったか?

  14. BR46 より:

    ロレンソとドゥカティ機は相性が良くない気がする、、

    現実的に考えるなら残留かマルクのチームメイト、、、

    スズキ機との相性も悪くない気がするが、、、

    ヴィニャーレスは125時代にレプソルのスポンサー打ち切りがあったので、、ホンダに行くならばそれがネック??

  15. YZR-M1 より:

    ホンダはもっとダメでしょう、あんなにふらふら動く車体じゃホルヘは走れないと思う。

  16. motobeatle より:

    昨今の流れのようにロレンゾもチーフメカをはじめ自分のクルーを引き連れて移籍するんでしょうか?
    だとしたら、その方でも大きな移動でしょう。
    ドカティしてやったり!
    ジャービスさん、焦りまくりか?
    ブリヴィオさん、マーベリックの袖を掴んでいるかな?w
    少なくともロレンゾはM1でチャンプを獲ることよりGP17を駆ることを選んだわけだ。

  17. はな より:

    ロレンソにはどんな内容を提示したのか知りませんが、
    むしろヤマハ側にロレンソを引き止める気があるのか怪しいですねえ。

    契約書を渡して、もう残る気なさそうだねー、でも追加交渉はしないよ~ってもう出て行けっていってるようなもんだよね。

    ジャービスの発言もセパンテストで今年もM1に戦闘力があるとわかったとたん強気になり、
    『次の選手』についての発言も増えましたしねえ。

    ロレンソは『大事なのはスロットル』と結果を出してれば評価されると言ってきましたが、
    実際のところは、『大事なのは気遣い力』

    ロッシに気を使って少しゆっくり走るくらいのほうがいい待遇を受けられたかもしれませんねえ。。。

  18. ヤマハ より:

    残りたかったらどうぞの手順でしたね。

  19. mac より:

    わからない。。。
    シーズンの6分の1しか消化していない今、なぜリン・ジャービスはランキング2位のロレンソを惑わすコメントを出すのか???

    最高峰クラスチャンピオンを3度獲得したライダーに対して低すぎる額が提示されていて、ロレンソはサインできない。
    年俸を増額して欲しければ、スポンサーを持ってこいということなのかな?

    いっそのこと、ワークス仕様のM1でTECH3から参戦してチャンピオン争いに加わるくらいの男気を見せるというのは!?

  20. motobeatle より:

    昨シーズンからのゴタゴタの中、ヤマハは態度を明らかにする必要を迫られ、それは二者択一的なものでもあったと思います。
    でも、その選択は長期的に見た場合正しくはなかったと自分は感じます。

    • motozizi より:

      私は逆に短期的には不味かったが長期的には正解な様に思います。

  21. いたたわ万歳(浅) より:

    いくら影響力があってもリンさんが物事を決定したりお金を出したりするワケでも無いし?
    『残留したら驚き。』って第三者的心情ですよね…。中間管理職の立場を表現しただけなんじゃ?
    ジントニックの量が心配です(^_^;)

    バレンティーノはやっぱ『喋って走れる』ビジネスパートナー?
    アルゼンチンからオースチンへの移動もバレンティーノはプライベートヘリ、ロレンソさんはドサ周り的バスみたいな記事も見かけましたけど…。

    ヤマハさんはすんごい先の事を考えてるだけなんじゃ?

    でもホントこれで『残留を決めました❗』ってなったらびっくりびっくりぽんぽんぽんですね‼

  22. motozizi より:

    YAMAHAは勝てるマシンの提供とチャンピオンに見合った額を提示していると自負しているのだと思います。

    ロレンソはそれに納得していないのか、ドカの提示した内容が破格なのかは分かりませんが結論を出していないのはロレンソな訳ですから、今回のジャービスさんのコメントも至極納得がいきますね。

    ロレンソがYAMAHAに求めている内容が詳しく分からないのなんとも言えませんが、金額にしても青天井という訳にはいかないでしょうから難しいですね。

    何かとロッシを絡めてコメントされている方もいらっしゃるようですが、そこはあまり関係ないようにも思いますね。

    前回の契約の時もロレンソは最終的に金額で折り合わないようなコメントをしていましたので、お金の話が大きいのかなって気もします。

    以前のYAMAHAで終わりたいみたいなコメントにしても暗にYAMAHAに対するプレッシャーのようなものだったと思いますし・・・

    実際にYAMAHAはロレンソの残留を希望していると思いますし、それ相応の契約内容を提示しているんじゃないですかね。

    決してYAMAHAはロレンソを粗末に扱ってはいないように感じます。

  23. まだまだ選択肢のあるロレンソとほぼYAMAHAしか選択肢がないロッシという事なのではないですかね。
    YAMAHAはそこを冷静に見てるのかもしれません。
    ただ綱渡りになる事には変わりないと思いますが…。
    目の上のタンコブであるロレンソが消えた時にNo.46の王様が新しい体制・新しいチームメイトに対して
    どういった態度を振る舞うのかで大きく状況が変わりそうです。

  24. 774R より:

    ホントにヤマハに残りたいなら妥協してでも残るんじゃないですかね。
    結局ドカティの方の条件が良かったから移籍するわけで…。

  25. ぺけ より:

    裏では色々とホルヘ残留に向けて発言をしていると思いますが、メディアが取り上げるこのような記事だけみたら疑問を感じます。ホルヘは残留には3つの重要項目があると言っていましたがその中にチームの信頼感という項目が入ってました。冷静な事は良いことですがこのような時にはメディアを使ってでもラブコールをするべきだと思います。
    M1は人気者ではなくMOTOGPチャンピオンが最大ミッションのはず!今からでも遅くないからホルヘがヤマハに残留するために色々と手を尽くして欲しいです。

    • motozizi より:

      私も同意見です。
      ロレンソもそろそろ引退も視野に入っているでしょうし、ここらで大金掴みたいんじゃないでしょうか。

  26. パンダパパ より:

    ロレンソはヤマハからは出ないでしょう。ロッシを優遇は宣伝効果と資金調達(スポンサー獲得)の意味が大きいからです。

    ロレンソもその辺はわきまえてると思いますよ。自分の中で何戦目かまでは口にしないと決めているのでしょう。

    どうやれば、チャンピオンになるかはロレンソが一番分かってるはずですからね。

    ロッシは後2年弱でmotoGPからは消えるでしょうからその後の事も考えて行った方が良いです。

    色んな意味で、レジェンドの記録を目指すならヤマハで行くべきでしょう。

    • maxtu より:

      問題はその2年弱をいかに過ごせるか?
      かも知れませんね。年齢的にも脂がのった域ですし、ロレンソも2年後にはこれほど引く手数多の魅力的なオファーが来るのかわからない。

      今みたいにチームメイトとギスギス過ごすのも堪らん…
      悩み過ぎて胃炎になりそう(笑)

  27. へも より:

    参照元のmotoblog.itってイタリアのサイトなの?大元の『Speedweek.com』もボクには読めない言語なんだけど、イタリア人好みに都合良く切り貼りってされないものなんだろうか?

  28. motobeatle より:

    もはやロレンゾがドカの契約書にサインしたのは公然の事実でしょう。
    イタリアサイトの他、イギリスサイトでも報じてるし、それを公表した一人が現スズキチームのボスのブリヴィオ氏。
    れっきとしたファクトリーチームのボスが、この様なことでデタラメを言ったら信用がなくなり大変なことですから。
    スズキにしてもマーベリックをヤマハに持ってかれる可能性が大なわけで、それで公表したのではないかと。
    シートの争奪戦もはじまったわけです。

  29. YZR-M1 より:

    これだけネタが出てきても、出るぞ!出るぞ!!ホントに出るぞ!!!という出るぞ出るぞ詐欺であることを願ってやまないのですが、流石に厳しいかなぁ・・・

    • motobeatle より:

      厳しいでしょうね。
      来週のへレスで正式発表の運びらしいですよ。
      彼の母国だし、ちょうど良いんじゃないでしょうか。

  30. いたたわ万歳(浅) より:

    なんかビニャーレスくんの身辺も異変があるようだけどやっぱ関係あるのかな?

    やっぱあるような気がする…。

  31. 丸助 より:

    ロレンソが見てるのはマルケスだけであって
    マルケスさえいなければ、どのマシンに乗っても勝てると考えてるんじゃないかな

    だから、本当はマルケスに対抗できる可能性が一番高いヤマハで居たいのは本心だろうけど
    お金、チームメイト、ドカティのマシンの成熟度
    それらを含めて、どれだけ自分を必要としてくれているかって部分で移籍を考えてるんでしょうね

    純粋に勝ちたいならヤマハの方が良さげやのにね

  32. TTSY より:

    ロレンソの諸問題は、どう考えても王様ロッシに対する嫉妬が根底にあると思うんですけどね。
    問題は自分の待遇が悪いってことではなく、ヴァレンティーノの待遇が悪くないってことでしょう。
    本音ではヴァレを切らないヤマハにもムカついているんでしょう。

    しかも、今のドゥカティが2年前とは違って確実に向上していることを、テストの段階でケイシーも証明してみせました。
    リスクは減り、可能性が開けている。
    そしてドゥカティで優勝できればヴァレ以上になれる。
    これも大きな移籍動機になり得るでしょう。
    結局ヴァレです。

    ヤマハのミッションとしては、ディフェンディングチャンピオンを確保すること、ヴァレンティーノに有終の美を飾らせること、未来のチャンピオンを確保すること、の3つだと思いますが、シートが2つしかない限り、そのうちのどれは一つは捨てざるを得ない。
    ヴァレには他に選択肢がないというのはヤマハもヴァレ自身もよくわかっていて、つまりヴァレ確保は問題なし。
    ホルヘ確保が表向きプライオリティ1だとしても、ヤマハとしては2年前で懲りたのか、承服できないような交渉は受け入れられないんでしょう。
    ホルヘとしては、ヴァレを切れない、あるいは待遇を悪くできないのであれば、納得するために自分の金額をもっともっと上げてもらうしかないってことなんでしょうが、ここも結局ヴァレですよね。
    そしてヤマハ内ではヴィニャーレス獲得のプライオリティが高いのでしょうね。
    今強い2人を確保するのがベストだとしても、実績あるベテラン1人と有望な新人1人の方が長い目で見た場合よいのは当然で、乱暴な言い方をしてしまえば、その場合のベテランはどっちでもいい部分はあるんでしょう。
    加えて一方は会社としてマーケティング上最重要人物で業界の王様。もう一方は勝ってもそういう意味では役に立たないくせに、その王様に対しての対抗心と僻みだけは強く自分が王様になりたがっている、というのは上層部にどう映るでしょうか。

    今回ヤマハはホルヘに対して、3 times champion としての最大限の敬意を示した優遇条件を提示して最善は尽くしつつ、それ以上の交渉はもうしないという方針だったのでしょう。
    その上でホルヘも残るならそれもよし、残らないならそれもよしで。
    迷ってる人はさようならってことになっても仕方ないんじゃないでしょうか。

    ホルヘが2年前からやってることは、寅さんの「さくら、止めるなよ?」状態ですよ、もう。

  33. しまうま より:

    曲がらないって言われてるドカをロレンソが乗りこなして、スムーズな体重移動でスーッと曲げていく姿を見たいですね。

  34. しゅわんち より:

    ロレンソのドカでのぶっちぎりも、見てみたいかも!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP