ロッシ『首位に返り咲き、雪辱を果たした』2017オースティンGP

Pocket

『ロッシ:首位に返り咲き、雪辱を果たした』

rossi-dom (1).jpg


★4月23日(日)オースティンGP決勝戦でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が2位を獲得した。

★今回のリザルトによりロッシ選手は総合首位に立った。

★ロッシ選手のコメント。

「みんな、もの凄く驚いただろうけど…特に、僕が驚きましたよ(冗)。どうしたことかカタール戦以降ずっと楽観的な気分だったんですよねぇ。多分、頭がイカれちゃってると、落ち込んでる時に何でもポジティブに見えるような感じだったのかなぁ(笑)」

【とは言え、本当にポジティブな結果になって…】
「思ってもいなかったですねぇ。まだ3戦しか終わってないから大した意味なんてないんだし、この首位防衛は難しいって覚悟はしてますよ。ただ、とにかく大満足ではありますね。」

【総合首位は久しぶりのこと…】
「2015年のセパン戦が最後ですね。あの災難続きの2015年シーズン末が最後でした。そう言う意味では、(今回の総合首位は)雪辱を果たしたと言えるでしょう。ツイてない日々が終わったと言えるわけだ。」

【今シーズン、表彰台に上がり続けているのはロッシ選手だけだし…】
「去年の今頃より23ポイントも多く取ってるんですよ。今回はオースティンでのベストリザルトだったし。そのうえ、今までよりマルケスに接近できていたし。不思議なもんですよね。2016年はまさにオースティンと、そしてムジェッロが運命の分かれ道だったんですから。この2戦で、間違った方向に進んで行ってしまったんですよ。」

【マルケス&ヴィニャーレスの戦いで、結局、ロッシ選手が得をした…】
「マルクとマーヴェリックのライバル関係は凄まじいものだし、2人とも常に全力投球だから。このライバル関係のおかげもあって、2人ともモチベーションが上がっているのでしょう。恐いのは、僕まであの2人に目をつけられることですよ(笑)。」

【ヴィニャーレス選手は今日の転倒で夢から覚めた?】
「夢を見ていたわけじゃないから。実際にもの凄いことを成し遂げたんだし、今でも最強ライダーですよ。」

【マルケス&ヴィニャーレス選手のどちらが危険?】
「みんな、同じレベルです。」

【今年のイアンノーネ選手を見る限り、去年のスズキ機はヴィニャーレス選手のおかげで欠点がカバーされていた?】
「マーヴェリックは破格ライダーだってところを証明しましたよね。マシンに多少の欠点があってもカバーできるわけですよ。ただ、スズキは良いチームだし、イアンノーネも強いから。巻き返してきますよ。」

【ロッシ選手は生まれ変わったような気分?】
「当初、苦戦していたのはうちの問題ですから。つまり、僕自身とうちのチームの問題だったんです。現在のマシンをいかに調整し、上手く操縦するかを理解するのに手間取っていたんです。今は気に入ってますよ。アルゼンチンのレース終盤はクラッチローを、そして今回はペドロサを攻めることができました。去年との違いはそこですよ。」

【レース序盤はザルコ選手に攻められていたが…】
「あれは然るべきペナルティだったとは思ってません。あの場合、コースアウトするか、2人とも転倒するかのどちらかでしょう。ただ、問題はレースディレクションではなくザルコの方なんですけどね。速いし、良い操縦はしてるけど、モト2クラスじゃないんだから。オーバーテイクの勝手が違うんですよ。進入が遅すぎたでしょ。もっと落ち着いてくれないと。」

【ピットボードでペナルティについての連絡はなかったようだが…】
「(チームは)待ってくれて…その後、僕がペドロサを抜いてから、すぐに引き離せたのを確認したんですね。たとえピットボードでペナルティを伝えられても、読みきれなかったかもしれないし。もしかしたら、0.3秒ではなく3秒ペナルティと勘違いしてたかもしれない。とにかく、(連絡してこなかったのは)良い選択でしたね。」

【次からヨーロッパ戦だが…】
「新たにシーズンが始まる度に、僕の目標はレース優勝ですから。今は、この瞬間を大いに堪能させてもらいますよ。これからシーズンの中でも面白いレースが始まるわけでしょ。得意なトラックもたくさんあるし、良い思い出の所もあるし。それに、それにそう言ったサーキットはモトGP独特の空気なんですよね。」

【今日は(弟子の)モルビデッリ選手も3連勝を決めていたが…】
「前にも言ったかもしれないけど、もう感動と言ってもいいぐらいなんですよね。本当に良かったと思います。もの凄い成果を上げているし、卓越してるところを証明してますよ。とにかく、このまま続けて欲しいですね。」

【(元弟子の)フェナーティ選手も優勝していたが…】
「去年のゴタゴタを別にすると、ロマーノとはずっと良好関係だったし、今後もそうしていくつもりなんで、嬉しいですね。(アロン)カネに対するさばき方が良かったですよ。本当に脱帽ものですね。」

(2017年04月24日『Gpone』記事参照)


維持してねクリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

7 Responses to ロッシ『首位に返り咲き、雪辱を果たした』2017オースティンGP

  1. 半世紀 2017年4月25日 at 2:48 AM #

    いぶし銀の輝きですね!決勝日に照準を定めて確実にパルクフェルメに並ぶ速さと戦略‼
    残り全て二位を獲り続けたら356ポイント
    ヤングライオン二人が優勝と3位を等しく分けあつたとすると353ポイントと350ポイント?
    優勝の無いチャンピオンも新たな伝説ですね!
    何にしてもこの年齢で沢山の有能な若手達と互角以上に渡り合えるドクターは僕にとって唯一無二の英雄です。

  2. ブル 2017年4月25日 at 8:48 AM #

    シーズン前にあれだけ不調でも、三戦終えてみればランキングトップ

    さすがですねぇ・・・

    次は優勝して最速っぷりも見せてほしいですね!

    ザルコも今後が楽しみな走りをしてるし、期待大!

  3. THE 毒ター 2017年4月25日 at 11:35 AM #

    なんかコメントが落ち着いてる…
    色々吹っ切れたのかなぁ…あと2年ってことで。そしてやっぱり2015年のことはずっと引きずっていくんだろうなぁ…。

  4. MISAMARI 2017年4月25日 at 9:12 PM #

    私がチームの一員なら、ペナルティーを知らせない判断をしたかどうか。信じるってこういう事なんだなあ。スリリングな展開に釘付けでしたよ。

  5. maxtu 2017年4月25日 at 10:04 PM #

    ポイントリーダー最年長記録なんでしょうねぇ…さすが生きるレジェンド

    昔は勝ちまくって年間王者になってきたけど、しぶとくポイント稼いで年間王者になったらそれはそれで格好良いよねぇ

  6. horizon 2017年4月25日 at 10:47 PM #

    渋い
    さすがヴァレ先生^^
    この人はいつまで魅せてくれるんでしょうか!

    パルクフェルメ
    形だけでもお互い祝福するロッシとマルケスに良かったと安堵

    多分お互い性根が明るいんでしょうね
    勝ったりいい結果が出ればお互い陰険にもなれない
    マルクもやっぱりロッシが好きな気がしますね^^
    負けたくはないんでしょうけどw

    さぁ、まだまだ安心は出来ない残りのレース
    雨もあるでしょう
    ノーポイントもまたあるでしょう
    ザルコが勝ったりもするかもしれません
    楽しくなって来ました

  7. TKM 2017年4月26日 at 6:02 AM #

    もう一個の雪辱も晴らしに行きましょう。
    10回目、待ってます。

コメントを残す

 

Top