ドゥカティ『後半戦、ロレンソの助けになる大きな変革がある』

Pocket

『ドゥカティ:大きな変革があるだろう』

intervista-paolo-ciabatti-after-sachsenring-2017.jpg


★今シーズン前半戦を終え、ドゥカティは期待以上の好結果を出している。
アンドレア・ドヴィツィオーゾはアッセン戦では総合首位を取り、ダニーロ・ペトルッチはプライベートチームながら最新GP17機で表彰台や3連続ファーストローを獲得している。
唯一、ホルヘ・ロレンソのマシン適合だけが難航しており、ヘレス表彰台以外は常に苦戦している。

★ドゥカティのパオロ・チャバッティ氏(スポーツディレクター)が、次のようにコメントした。

「今シーズン、順調に進んでいて、もう、とにかく嬉しいの一言ですね。カタール開幕戦も実に良かった。その後の2戦は苦戦したが、ムジェッロでは歴史的大勝利をおさめ、その翌週のバルセロナでも勝ちました。これは実にポジティブなことですよ。各サーキットで高い戦闘力を出せるってことを証明できたわけだから。嬉しいですよ。」

【しかし、GP17機には改良が必要だが…】
「もちろん、まだ作業が続いていることは承知してます。マシンは良くなったが、まだコーナースピードが足りないんでね。その辺に手を入れている最中なんです。
シーズン後半戦には大きな変更が加えられるでしょう。目的は、うちの問題点を解決すること…少なくとも、最小限に抑えることです。これが選手全員の助けになってくれたらと願ってるんですよ。まぁ、おそらく、ホルヘ(ロレンソ)が一番恩恵を受けることになるでしょうね。ただ、同じマシンに乗ってるドヴィツィオーゾやペトルッチにとっても有効でしょう。」

【ロレンソ選手の問題については…】
「乗り心地の良いマシンだと感じられるよう、ホルヘが我々の力を最も必要としていることは分かってます。だからこそ、そう言う方向で作業を進めているんですから。予想以上に時間はかかっているが、改善されてきている面もいくつかあるし、ポジティブな兆しもある。ホルヘのライディングスタイルに合うよう、あと2ヶ所ほどマシンを調整する必要があるでしょう。ホルヘとチームも連絡を密にして努力しているし、モチベーションも高い。上手くいくと確信してますよ。」

(2017年07月12日『Motogranprix』記事参照)


『note』最新号のモトGP枕話、無料で閲覧できます!
今回は、来季のモトGPシートについての現況まとめ!!

とにかく何があっても、いつでもどこでもポジティブなロレンソ選手。
スペイン人記者さんが、こう書いていたほどです。
《とにかく、諸々の結果にもかかわらず、ロレンソのコメントは今なお楽観的なものなのだ。これは新生ホルヘ・ロレンソである》
詳しくはこちらのメルマガで、どうぞ。

【2017 ザクセンリンクGPまとめ ヤマハ&ドゥカティ】[2017年07月11日 発行 Vol. 149

●ドゥカティ:ドヴィかてつないほどポジティブ、ロレンソ楽観的
・ドヴィツィオーゾ、タイヤ選択で失敗
・ドヴィ「ドゥカティ機への疑念は晴れた」
・ドヴィ:期待以上の前半戦
・新生ロレンソ、いつでもポジティブ
・ロレンソ満足「もっと酷いレースになると思ってた」
・ロレンソ「マシンが変わる日を待つ」

Vol.149』だけ読みたい人は、『note』で100円(外税)購読がオススメ。プリペイドカードも利用可能。

7月分ぜんぶを、オトクな料金で読みたい人は『まぐまぐ』が300円(外税)!

7月分ぜんぶ無料で読みたい人は『まぐまぐ』を登録して…内緒でこっそり7月31日までに解約しちゃって。

かつてはムジェッロで速かった者はブルノでも速いと言われていたそうな…

大期待いいね!Prego

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top