ヤマハテック3『ザルコ引き留め?ヤマハと続けるかも未定』エルヴェー・ポンシャラル

Pocket

『ポンシャラル:ザルコ引き留め?ヤマハと続けるかも未定』

zarco3-500x333.jpg


★ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)は2017年にモトGP昇格し、表彰台3回とPP2回、レースでのファーステストラップ4回を獲得、総合6位でシーズンを終えた。

★ザルコ選手の活躍により、テック3チームはプライベートチームの最優秀賞を受賞した。

★ザルコ選手はモト2クラスで2連覇を果たしたにも関わらず、それほど高い評価は受けていなかった。スズキファクトリーは昨年、ザルコ選手と仮契約を結んだものの、最終的にアレックス・リンスを選んだ。

★エルヴェー・ポンシャラル氏(ヤマハテック3チームマネージャー、下記画像)のコメント。

[ 前半はこちら ]

【ザルコ選手はヴァレンシアテストで2017年版M1機に乗っていたが…】
「今シーズン乗っていたのより良かったと本人は言ってましたね。私は、先入観は持たないようにと…他人の意見に振り回されるないようにと言っておきました。客観的にならなければ。その後のセパン・プライベートテストでも使ってましたけどね。」

【来年1月末のモトGPセパンテストでは、どのマシンに乗る予定?】
「やはり、2017年版マシンに乗る予定です。ヤマハはうちに対し、明快かつ妥当な対応をしてくれましたよ。フレームに関しては進化版の中から選んで良いが、マシンは2018年版は提供しないと言われました。ザルコは、ホンダのクラッチローやドゥカティのペトルッチ並みの待遇は受けられないと言うことです。」

【残念に思う?】
「ここ何年間か、ヤマハから受けてきたサポートには常に満足してます。今シーズンの表彰台やPP獲得回数を思えば、愚痴ったりはできませんね。」

【しかし、ザルコ選手の方はもう少し期待していたのでは?】
「今も言った通り、常にテスト用マテリアルが来ると言うのは利点とは言えないんですよ。もちろん、ライダーとしてはメーカーが信頼して、テストライダー役をやらせてくれたら嬉しいもんだってことは分かりますけどね。もしヤマハが開発に加えてくれたら、うちは大喜びですよ。ただ、ファクトリーマシンには乗れないってことを理解し、受け入れていきますよ。私はね、ヤマハと20年組んできたんです。ヤマハのことは信頼してますから。」

【しかし、ザルコ選手には他のメーカーも目をつけているのだから、ヤマハは引き留める努力をするべきでは…】
「ヨハンと契約更改するには、まず、細かい部分で重要な点を調整しないと。」

【具体的に言うと?】
「最近、ヴァレンティーノ(ロッシ)のことや、彼がモトGPチームを持つかもしれないなんて話が取り沙汰されてるでしょ。もし本当にそうなったら、ヤマハにとってテック3はお呼びじゃないってことになるかもしれない。ヤマハには6台のマシンは用意できませんからね。私も馬鹿じゃない。物事の仕組みは分かってますよ。ヴァレンティーノの方が優先されると言うことは分かってます。彼のスポンサー吸引力は驚異的だし、この業界で大きな存在ですからね。」

【心配してる?】
「単純に、テック3とヤマハのような長期にわたる関係は、ちょっとやそっとでは築けないって思ってますよ。ただ、今のところ、うちがヤマハと続けて行くかどうかに確信はありません。」

【いつ結論が出る?】
「ツジ(ヤマハのゼネラルマネージャー)に、できるだけ早急に今後について話し合いたいと言ってあります。選手についても然り、特に、うちのチームについて話し合わないと。まず、2019〜2020年にヤマハM1機が使えるかどうか確認し、それから、選手やスポンサーについて話し合いますよ。」

【テック3ではザルコ選手を引き留めたい?】
「そうできれば良いが、しかし、はかない夢でしょう。うちのチーム予算では、モトGPのトップ5ライダー1人とも契約できませんからね。当然、ヨハンはもっと金が欲しいだろうし、特に、メーカーからの公式サポートを望んでるでしょ。」

【しかし、貴方はもっと切り札を持っているように見えるが…】
「ヨハンが出て行ってしまう覚悟はしているし、モトGPにデビューさせてやれたことを誇りに思いますよ。プライベートチームって言うのは契約金にしても技術にしても、必然的に提供できるものに限りがありますから。」

【ザルコ選手の後任ライダーは?】
「うちのことをジュニアチームって思ってる者が大勢いるが、実のところ、そう言うものではないんですよ。ライダー選びは自由にできるんです。うちの選手をヤマハがファクトリーに引き上げるなんて、滅多にありませんからね。あらゆる面においてジュニアチームになるとはどう言うことか…ちょっと話題にしてみたい内容かもね。」

【第二のザルコ選手を見つけるには?】
「何年か前なら、そう言う選手を獲得できるチャンスはもっとあったんでしょうけどね…ヤマハにするか、ホンダにするかって状況だったから。しかし、今はメーカーも増えて、機会も転がってるから。ヨハンが2019年もうちに残留するとは思ってませんよ。」

[ 完 ]

poncharal.jpg


(2017年12月11日『Gpone』記事参照)


ザルコ選手を狙っていると言えば…KTMファクトリー!
ヤマハについてヴァレンシアGPからテストまでをまとめてみました。
詳しくはこちらでどうぞ。

【2017 ヴァレンシアGPまとめ ヤマハ】[2017年11月27日 発行 Vol. 167

●ヤマハ混乱:ロッシ&ザルコぶれず、ヴィニャーレス揺れる
・悲惨なシーズンだったのか?
・そしてヤマハは途方に暮れる
・ロッシ「将来に向けて、今が正念場」
・ヴィニャーレス「今シーズンが終わって嬉しい」
・2016年版フレーム、ロッシ&ヴィニャーレス意見の相違
・なぜザルコは2016年版フレームで速いのか?
・KTM、ザルコを狙う…マルケスのことは諦めたのか?
・ザルコのソフト選択は失敗だったのか?

『note』11月分マガジンは5本で300円(外税)!

Vol.167』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!
プリペイドカードも利用可能。

寂しぃぃねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

Comments are closed.
Top