MotoGP

ロッシ『苦戦しているが、ドゥカティ時代よりは良い』2019バルセロナGP



『ロッシ:苦戦しているが、ドゥカティ時代よりは良い』

★6月13日(木)、バルセロナGP会見でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が次のように話した。

【ドゥカティでの苦難の時代と比べると?】
「今の方が良いですよ。いくつか問題があってヤマハ機で強い走りができないでいると言うことは否定しないが、とにかく、このマシンで走るのは好きだから。
ドゥカティ機の方は、とにかく合わないって感じでしたからね。」

【先のムジェッロGPについては?】
「あれはショックでしたね。精神的にもショックでしたよ。期待はけっこう大きかったのに、実際はあんなことになってしまってねぇ。」

【どうやってショックから立ち直ったの?】
「いつだってオートバイに乗るのが一番の薬ですね。カヴァッラーラにモトクロスをしに行ったんですよ。子供の頃からよく走ってる良いトラックなんですよ。
あと、2年前のムジェッロ戦の前に骨折した所へも行ってきました。あれ以来、友人らから禁止令が出てたんですよ…特に父がうるさくってね。
ただ、今年初め、ドヴィツィオーゾとペトルッチに『今度、1日一緒に走ろう』って言ってあったんで、良い機会だと思って。父も『今回1回だけ』って許してくれましたよ(笑)。
いやぁ〜、もう、楽しかったですよぉ。ヨーロッパ大会や世界選手権に出ているライダーらと一緒に走ったんですからね。
最後はテントの下でサルシッチャ(生ソーセージ)を一緒に食べてねぇ。」

【ちなみに、今回のバルセロナは長い直線コースがあるトラックだが…】
「まぁ、でも、モルビデッリが言ってたように、下り坂になってるし…(冗)。
トップ10内に入って、予選2へ直行できるかどうかが鍵ですよね。ただ、それが簡単じゃないんですよ。
こう言う時は現実的になって、ベストを尽くすことですよ…ヤマハ機も同じように頑張ってくれることを祈りながらね。
気を強く持って頑張らないと。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜロッシ以外のヤマハ機はFP/予選で好調なのか?って話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP