MotoGP

ロレンソ『僕はアインシュタインじゃないから…とにかく、燃料タンクは上手く機能している』2019バルセロナGP



『ロレンソ:僕はアインシュタインじゃないから…とにかく、燃料タンクは上手く機能している』

★6月14日(金)、バルセロナGPでホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が、FP1で17位、FP2で13位だった。FP総合は14位。

★ロレンソ選手のコメント。

【まず新しい燃料タンクが出来てきたが、いつ頃、全ての改良が仕上がりそう?】
「アインシュタインは20年で電球を創り上げたわけじゃないから(※エジソンと間違えている模様)。
僕の仕事をアインシュタインと比較する気はないし、僕がやっているのはオートバイ関連の発明なんだし。
去年のヴァレンシア/ヘレステストで既に似たような物は試していたんですが、その時は上手く機能しなかったんです。却って問題が起きてしまったんで、それは諦めたんですよ。
でも、頭から離れなくて、日本のホンダへ行った時に今回の解決策に至ったんです。」

【満足している?】
「出足は良好ですね。ただ、ドゥカティでは燃料タンクが出来た時点で優勝できたけど、ホンダではこれがやっとスタート地点ですから。
確かに今日の順位(13位)からすると、たいした助けになってないんじゃないかって思われても仕方がないけど、そう言うわけでもないんでね。
いつもより少ないエネルギーでマシンを操縦できてるんですよ。なおかつ、かなりアグレッシブな走りができていてね。トップ10から外れたのは、ソフトじゃなくミディアムを履いていたからなんです。
明日、大きく伸びていけるようにね。」

【その燃料タンクはどう言う風に役に立ってるの?】
「それはノーコメントですね。見ないでくれとは言えないけど、技術的なことは秘密にしておきたいんで。
とにかく、これはレースなんですからね。どんな作業をしてるかなんて、誰も明かしたりはしないでしょ。」

【では、どう言う風にホンダ機を変えていきたいの?】
「アルベルト・プーチがきちんと説明していたようですが、マシンの核となる部分は変えられません…ヤマハでもホンダでも、今までそう言うことはしてないでしょ。
僕はホンダ機をもっと乗りやすいものにしてフル活用できるようにしたいんです。もっと自然に乗れるようにね。
マシンはそれぞれ違うもので、特にコーナー進入とかね。ホンダ機の敏捷性はそのままでいきますよ。
ほら、僕は完璧主義じゃないですか。だから、たとえ優勝やPP獲得ができるようになっても、どんどん進化させていくつもりでいます。
常に何かしら改善できるもんですからね。」

【そして、今日は最初の一歩となった…】
「別に僕が金曜日速かったのは今回が初めてじゃないから。カタールやル・マンでも速かったですからね。
でも、今日はムジェッロに比べ、かなり良くなってたんですよ。ホンダ機でこんなにアグレッシブな操縦が出来たのは初めてだから。
首位とのギャップも1秒以内に縮まってきているし。ソフトタイヤだったらもっと接近できてましたからね。明日はそうするつもりですよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ホンダ機の改善にあたりロレンソvsマルケス選手で舌戦があった話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 顔コワイ より:

    でも顔、すごく疲れてない?

  2. THE 毒ター より:

    テストライダーだったら最高の人材かも。

  3. ヤマ派 より:

    エジソンとアインシュタイン・・・。
    ホルへ、あなた疲れてるのよ。

    新しいタンクカバーでロングラン時の疲労は減るのかも知れないが速さを取り戻すのは新しいフレーム待ちですかね。

  4. ヒロユキィ より:

    Jorge がこんなに低迷するのは意外でした。
    マシンの特性に合わせてridingを変えて
    pushするのが出来ないのか、しないのか?
    でも彼はマシンをマイルドに誰がrideしてもpush出来るマシンに開発は出来ると思います。
    ただ Marc は誰がrideしても速く走れるマシンに開発は出来るのかというと少し疑問で…
    勝っているので今のホンダのスタンスでいいんでしょうけど。
    もし Marc自身がride出来なくなったら
    ホンダは少し低迷すると思います。
    Marcはどんなマシンをrideしても速く走れてしまう…
    Freddie Spencer とイメージがダブります。
    動作性IQが高いんでしょうね。

  5. ヒロユキィ より:

    すいません。間違えました。”どんなマシンをride…”ではなく”どんなセッティングをしたマシンをride…”でした

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP