MotoGP

中上貴晶『100%の状態ではないが、ケガはなし』2019アッセンGP



『ナカガミ:100%の状態ではないが、ケガはなし』

★6月30日(日)、アッセンGP決勝戦でタカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)が第5ラップの第9コーナーで、ヴァレンティーノ・ロッシの転倒に巻き込まれリタイヤとなった。

★ロッシ選手はナカガミ選手を抜いた後、フロントが切れ込んで転倒した。

★転倒直後、ナカガミ選手が立ち上がらなかったため容態が懸念されていたが、メディカルセンターに搬送され、深刻なケガがないことが判明した。

★ナカガミ選手のコメント。

「酷い転倒でしたが、深刻なケガはしてませんでした。
次のレースもすぐなんで、できるだけベストなコンディションに戻そうと思ってます。100%の状態ではありませんが、全体的には大丈夫です。
ヴァレンティーノ(ロッシ)とは何度か抜き合いをし、第8コーナーでまた前に出たヴァレンティーノのフロントが流れてしまったんです。避けられるような余裕はありませんでした。
僕はエアーフェンスに突っ込んで行ってしまい、何がどうなったのか覚えてないんですよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


2019年版のホンダ機を判断するには中上選手を観察すべしって話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. マロ より:

    本番のレースの時は心配で仕方なかったんですが、
    特に怪我なくホント良かったです!ホッとしました。

  2. DESMO より:

    ハイスピード、画面から消える、起き上がれない。2003年の鈴鹿を思い出して息を飲みました。夏休み前の連チャンでキツいと思いますが、今年はいいレースが続いているので、何とかその流れをキープして後半戦につなげてほしいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP