MotoGP

マルケス『クアルタラローがヤマハ機の真のレベルを表している』2019ザクセンリンクGP



『マルケス:クアルタラローがヤマハ機の真のレベルを表している』

★7月5日(金)、ザクセンリンクGPでマルク・マルケス(ホンダファクトリー)がFP1で2位、FP2で首位だった。なお、FP総合も首位。

★マルケス選手のコメント。

「2種類のフレームで作業を進めていて、その手応えからすると、明日もこのまま続けていくつもりです。どちらも一長一短で、どちらにするか決めかねてるんです。
今年のマシンはかなり倒さなければならないんですよ…あまり曲がらないんで。それは別に僕のスタイルとか好みのせいではなく、そうしなければならないからです。新しいフレームでなんとかしようと思ってるのは、その辺なんですよ。」

【今回は好調そうだが…】
「アッセンでは、ベースのセッティングの状態では100%ではなく、マシン作業に集中するしかなかったんです。でも、今回はまぁまぁ最初から仕上がった状態なんで。」

【今回のライバルは誰になりそう?】
「クアルタラローとヴィニャーレスの2人です。あと、リンスもけっこう速いんですよね…特に1周タイムが速いから。
柔らかめタイヤにしたら、うちはトップグループには入れないでしょうね。ただ、金曜FPでソフトを履いてみたのって、かなり昔の話なんですよ。(今回は)最初から良い感じでしたけどね。」

【今年はヤマハ機が不調と言われているが…】
「クアルタラローはけこう速いでしょ。今日のタイムなんてザッとみたところ、リズム的には僕やヴィニャーレスに接近してる感じだし。
クアルタラローがヤマハ機の真のレベルを表しているんじゃないかと思います。
クアルタラローの方がプレッシャーがあるんじゃないんですか…フランス人ライダーは少ないんだから。一方、スペイン人ライダーは大勢いますからね。でも、ルーキー年と言うのは、なんでも上手くいけば、とにかくOKって感じじゃないですか。実際、僕も2013年には今みたいなプレッシャーはなかったし。
でも、とにかく、クアルタラローのおかげでヴィニャーレスやロッシも伸びていけてるんだと思いますよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Motorsport.com』)


弟マルケス選手がバルダッサッリ選手に謝ったって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP