MotoGP

ペドロサ談『電制システムのせいで各データが滅茶苦茶になってる』

『ペドロサ:電制システムのせいで各データが滅茶苦茶になってる』

★最近、『DAZN España』が有名ライダーによる座談会番組を何回かに分けて放映している。

★出演者は以下のとおり。
シト・ポンス、カルロス・チェカ、ホルヘ・マルティネス(アスパー)、アレックス・クリヴィレー、エミリオ・アルサモーラ、ダニ・ペドロサ。

★ペドロサ元選手がポンス&マルティネス先輩らから復帰の可能性について訊かれ、次のように答えた。

「今、穏やかな気分なんですよ。もちろん、ヘレスGPでトラック脇で見ていた時は何かのスイッチが入ったような気はしたけど、その後、そう言うのはないですから。
今は、ちょっと不思議な状況って感じですよね。僕はライダーとして世界選手権入りし、それ以外のことはやってこなかったじゃないですか。この間のヘレスは、初めてレースに出ないGPだったんですよ。
今までとは違った感じでしたよね。
他のライダーらが走るのを何周回も見て、僕なりにランキングを作ってみたんです。ところが、実際の順位を見たら、全然違ってたんですよね。
電制システムのせいで、各データが滅茶苦茶になってるんですよ。」

[ 続く ]

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ペドロサ引退・ホンダ完全離脱が決まった時から、マルケス専用機の開発が始まっていたって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP