MotoGP

クアルタラロー『ヴィニャーレスのデータを研究しなければ』2019バレンシアGP

『クアルタラロー:ヴィニャーレスのデータを研究しなければ』

★11月15日(金)、ヴァレンシアGPでファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)が、FP1で首位、FP2でも首位だった。FP総合も首位。

★クアルタラロー選手のコメント。

【正しい方向に進んでいるようで…】
「もの凄く嬉しいです。ヴァレンシアはモト2時代も好きなトラックではなかったし、モトGPだともっと難しいんで。
前も言ったけど、タイヤをきちんと把握できるよう頑張って、レースで強い走りができるようチームと一緒に上手い策を考えていかなければなりません。」

【ペース面ではヴィニャーレス&マルケス選手が突出しているが…】
「マーヴェリック(ヴィニャーレス)のデータを研究して現状を分析していかないと。あの2人が今のところ最速ですからね。」

【またセパン(予選)のようなことになったら…】
「ああ言うのは関係ないですよ。セパンみたいなことは、ムジェッロやバルセロナみたいな高速コースでは有りがちなんで。まぁ、確かに今後に向けて覚えておかなければならないことですけどね。」

ロレンソ選手の引退については?】
「僕にとってはお手本ライダーでした。特にあのソフトなライディングスタイルですよね。
今年は苦戦していたけど、これまでの功績を忘れることなんてできないから。僕にとってはずっと『レジェンドライダー』です。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ドゥカティが遂にクアルタラロー選手に目をつけてるって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP