MotoGP

ロッシ母『息子は誰にも左右されなかった』

『ロッシ母:息子は誰にも左右されなかった』

★ヴァレンティーノ・ロッシは最近、去就について両親にも相談していると話していた。

★ステファニア・パルマさん(ロッシ母)が、次のように話した。

【ロッシ選手の初陣については?】
「覚えてますよ…赤いPandaに乗って、シエナのゴーカート・レースへ行ったんですよ。レース三昧の日々でしたねぇ(笑)。」

【今年いっぱいでロッシ選手がヤマハファクトリーチームから離脱することが決まったが…】
「今はヴァレが自分のキャリアの終盤について、時間をかけて決めていくことにして良かったと思ってますし、誇りに感じてます。第三者の決定に左右されることなく、自分の考えに従ってきたのですから。」

【ヴァレンティーノ・ロッシともなれば、かなりのプレッシャーに耐えねばならず…】
「レースに出るようになって、もう何年も経ちますが、きちんと考えてやってきてると思うんです。
最近は、やりたいことがあっても、きちんとした勉強なり準備なりをしない傾向にあるじゃないですか。そう言うのは間違いでしょ。
先のことばかり追いかけて、ただ、なんとなく…って言うだけでは、今をきちんと生きることなどできませんから。
ヴァレは自分の考えをしっかり持って、やってきましたからね。」

【2021年にロッシ選手は弟マリーニ選手と組むかも…】
「そう言う可能性について、私は考えたこともないです。今年の20戦にだけ集中していきたいですね。一番前の席で観るつもりですから。あとは、なるようになるでしょう。」

【今回、『VR46』チームのプレゼンテーションが地元タヴッリャで行われたが…】
「現地発信が、ここ最近の流行りでしょ(笑)。『ランチ』開催となって本当に喜んでるんですよ。ここは緑に囲まれたアート作品みたいな場所だと思ってますから。」

【いよいよ本番が迫っているが…】
「ルーカは実に念入りに準備をするし、集中してますからね。どうなって行くものか…。本当に重要な1年になるでしょう。まぁ、それ以上のことは何も言えませんけどね。」

【今年はタイトル候補だし…】
「今、世界タイトルを取ろうと思ったら、まず、(優秀な)ライダーがいて、そのうえ、諸々が…チームからマシンまで全てが完璧でなければなりませんからね。
とにかく緻密な作業だし、才能も想像力も重要で…なおかつ、あらゆるメカニズムが時計のようにきちんと動いてくれないことにはねぇ。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


伊モトGPご意見番ペルナット氏が、今回のヤマハの決断を大絶賛してるって話は無料閲覧『note』で!!

味の母(720mL)【イチオシ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP