MotoGP

モトGPミザノテスト最終日:アプリリア、ドゥカティ、スズキ

『モトGPミザノテスト最終日:アプリリア、ドゥカティ、スズキ』

★6月23〜25日、ミザノサーキットでモトGPにおける今年初の本格的なプライベートテストが行われた。

★3日間とも高気温。

★25日(最終日)、非公式タイムは以下のとおり。

モトGP

首位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、1分32秒932)。昨日のオリヴェイラ(1分32秒913)と僅差。ミザノは得意トラックではない。

2位ミケーレ・ピッロ(ドゥカティファクトリー、テストライダー、1分33秒038)。GP20機で走行。

3位ブラッドリー・スミス(アプリリアファクトリー、テストライダー、1分33秒768)。スリップ転倒、ケガなし。ヘレス開幕戦ではイアンノーネ代役。

SBK

首位スコット・レディング(ドゥカティ、1分33秒675)。モトGPの3位スミステストライダーより速い。

2位ジョナサン・レイ(カワサキ、1分33秒854)。

3位マイケル・ルーベン・リナルディ(ドゥカティ、1分34秒269)。

4位チャズ・デイヴィス(ドゥカティ、1分34秒381)。

5位アレックス・ロウズ(カワサキ、1分34秒519)。

6位タティ・メルカード(ドゥカティ、1分35秒421)。

7位レオン・キャミア(ドゥカティ、1分36秒759)。

8位シルヴァン・バリエ(ドゥカティ、1分37秒675)。

★最終日はマックス・ビアッジがアプリリアRSV4機で走行。しかし、数km走った時点で技術トラブル(水漏れ)により終了。

★アプリリアのテストライダーことロレンツォ・サヴァドーリは初日〜2日目はRSV4機で(イタリア選手権参戦用)、最終日はRS-GP2019年版で走行した。

★KTM勢は最終日は走行せず。

★KTMおよびアプリリアは6月29日までにエンジン最終決定稿を提出しなければならない。


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


ペドロサが小柄ゆえにライディングで何に苦労していたか?って話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP