MotoGP

ブラドル『マルケス代役の依頼がホンダから来てもかまわない』

『ブラドル:マルケス代役の依頼がホンダから来てもかまわない』

★8月3日午後、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)が右上腕骨の再手術を受けた。今週末のブルノGP(8/7〜9)は欠場となる予定。

★8月は3連戦となり(8/9・16・23)、現在、マルケス復帰の日程の目処が立たないため、ホンダは代役ライダーを探さなければならない。

★最も妥当な選択はステファン・ブラドル(ホンダHRCテストライダー)だろう。

★ブラドルテストライダーが最後にモトGP機に乗ったのは今年2月のセパンテストだが、CBR1000RR機での走行は頻繁に行っている(ホッケンハイム、ザクセンリンク、オシャースレーベン)。

★ブラドルテストライダーが独サイトのインタビューで、次のように答えた。

「もしホンダからブルノ代役参戦の依頼があっても、かまいませんよ。
ただ、トップ10入りするなんてことは考えないで下さいね。モトGP機は今年の2月初めに乗ったきりなんだから。ただ、コンディションはベストに保ってきてますよ。
まぁ、身体の筋肉全体は、また慣らさなければならないでしょうけどね。モトGP機の操縦は懐かしい感じなんで。
(代役走行については)奇妙な感じはないでしょうね。2018年にもクラッチロー代役として、急遽、セパンへ飛んだんで。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(Photo:Instagram

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    > ただ、トップ10入りするなんてことは考えないで下さいね

    まぁブラドルしか居ないんだろうけど、もう少し野心的なライダーの方がいいねぇ
    SBKも日程が重なるしテストの封印も裏目に出てる

    レッドブルのホームGPのオーストリアにはマルケスを戻すような気はするけどね

  2. Cobra より:

    こんな時のピンチヒッターはやっぱり青山さんですね

  3. 名無し より:

    テストライダーなんだから別に順位は目指さなくても良いでしょ。ブラドルにはブラドルの仕事がある。

  4. もふられチーター より:

    そうですよね。
    改良・開発部品を実戦投入してテスト走行では得られないデータを持ち帰るのがテストライダーの仕事ですからね。

  5. maxtu より:

    だからテストライダーより野心的なライダーが良いって言ってるんだけどね
    去年のナカガミ機でザルコ代役参戦も少しは盛り上がったのだから
    せっかくのワークスマシンなのに

  6. 名無し より:

    ハイハイ。

  7. スメル より:

    例えば日本GPの中須賀さんのようにワイルドカードでテストライダーとしての出場ならわかるけど、ピンチヒッターとはいえタイトルを争うのが使命のファクトリーチームからの出場なんだから、可能な限りのポイントをゲットしなきゃでしょ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP