MotoGP

2020 チェコGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2020 チェコ モトGP 決勝トピックス』

★8月9日(日)、チェコGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★全選手がフロントタイヤはハードを選択。リアはソフトとミディアムに分かれた。

★首位ブラッド・ビンダー。ルーキー。モトGP初表彰台および初優勝。

チームメイトのポル・エスパルガロは、インからオーバーテイクをかけようとしたザルコ選手に接触し、転倒リタイヤ。

★2位フランコ・モルビデッリ。第1〜12ラップまで首位走行。モトGP初表彰台。

チームメイトのファビオ・クアルタラローは7位。

★3位ヨハン・ザルコ。PPスタート。GP19機を使用。ポル・エスパルガロ選手と接触後、ロングラップ・ペナルティ処罰を受ける。
チームメイトのティト・ラバトは16位。

★4位アレックス・リンス。
チームメイトのジョアン・ミールは転倒リタイヤ。

★5位ヴァレンティーノ・ロッシ。グリッド10位から追い上げ。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは14位。スタート悪し。

★6位ミゲル・オリヴェイラ。
チームメイトのイケル・レクオナは転倒リタイヤ。

★8位タカアキ・ナカガミ。
チームメイトのカル・クラッチローは13位。

★9位ジャック・ミラー。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは右脛骨骨折により棄権。イタリアのアンコーナ病院で、2017年にロッシ選手の腓骨および脛骨の手術をしたラッファエレ・パスカレッラ医師により執刀される予定。靭帯への影響がないことが100%確認されたなら、8日午後に手術し、2週間弱で復帰できる予定。

★10位アレイシ・エスパルガロ。第1ラップでは2位を走行。
チームメイトのブラッドリー・スミスは17位。イアンノーネ代役。

★11位アンドレア・ドヴィツィオーゾ。グリッド18位から追い上げ。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは12位。

★15位アレックス・マルケス。
チームメイトのステファン・ブラドルは18位。マルク・マルケス代役。

『2020 チェコGP モトGP 決勝リザルト』



『2020 チェコGP モトGP 総合順位』



総合ランキング1位入賞!!\\2,490円衝撃価格x送料無料 クーポン発行中//『短納期』国内発送 非接触温度計 ★高精度★ 温度計【日本語説明書付き】会社学校から大量注文承り中 温度計 非接触 電子温度計 非接触温度計 1秒高速温度 高精度 赤外線測定

POSTED COMMENT

  1. zep より:

    この3連単は予想外でしたね~

    今までにない展開で楽しめました

    ザルコも表彰台に帰ってこれて何よりです

    あと、何気に中上くんが凄かった!Q1 でタイムキャンセルが無ければーなんて思うけど、それでQ2に行ったのがビンダーなんですね
    ホンダ、ヤマハ、ドカのファクトリー勢がいない表彰台なんてビックリです

  2. maxtu より:

    更新っ早やっ(笑)
    今年は絶対王者欠場の余波で荒れるなぁー、と同時に新時代の幕開けでしょうか?
    3戦終わって去年までの優勝者が未勝利

    ビンダーはヘレスから良い走りしてたけど、まさかKTM勢初優勝とは…さすがKTMの申し子
    来季のポル離脱も最小限に抑えれそうだし、ペドロサの開発能力は凄いね

    モルビデッリは勝てるチャンスだったから悔しいだろうけど、初ポディウムおめでとう
    そしてザルコはペナルティにも動じずポディウム入りはお見事
    去年と比べても表情が違ってて充実してそうです
    これでミラーのチームメイトとしてDUCATIワークス入りの本命か?

    しかし今年はなにか奇妙なシーズンだねぇ

  3. ハンス より:

    KTMとビンダー初優勝おめでとう。
    モルビデリも2位初表彰台おめでとう。
    ザルコも久々の表彰台おめでとう。個人的にはあの接触はレーシングアクシデントで納めても良かったとおもった。あそこはポルが引くべきだったと思う。
    しかしペドロサ加入してからのKTMの進化が凄いですね。
    ホンダは彼が離れてからピーキーになった印象があるので、ペドロサの開発能力は本当に凄いですね。

  4. スペンサーレプリカ より:

    KTMが初優勝!しかもB・Binder!
    今回の表彰台は世代交代を予感させるメンバーでした。

    今年は短いけど、記憶に残るシーズンになりそうだ。

  5. ワシントン より:

    ザルコのロングラップペナルティが華麗すぎて笑った

  6. 名誉白人 より:

    ゴールの瞬間、実況のおっさんのは成った I knew a new star is born! の叫びが耳について離れません。

  7. うに より:

    ビンダーかー
    来年か再来年位に来るとは思ってたけど、もう来ちゃったね。
    ロッシは決勝向けのセッティングを上手くやったんだけど、
    もう少しスタートが良ければ。。
    クアルタラロはタイヤがもう少し。ビニャはやっぱり気負いすぎだと思う。

  8. かっし より:

    ザルコは悪くない…ように見えたけどなあ…。

  9. 半世紀 より:

    KTMの進化に驚かされました。
    開発凍結で来シーズンも含めて混戦必至の予感です。
    doctorも弟子の表彰台、タイヤ選定とマネージメントによる終盤ラップタイムの競争力の証明はポジティブな週末になったでしょう。
    予想外にスリリングな今シーズンになりました。

  10. 名無し より:

    今後ザルコvs中上の型落ち対決が加熱しそう。

  11. MVR より:

    ヤマハのエンジン問題が今回はビニャーレスに起きた感じなのかな?

  12. チャオ より:

    予選の流れで今回、サプライズは十分有り得るとは思って居たけど
    まさか、ビンダーが来るとはね、ビックリでしたよ。ましてやポルが
    弾き出されてKTMが来るなんて、レース中も予想出来ない事が起きる
    MotoGPは本当に読めないね・・・。でもロッシもしぶとく10番手からの
    5位フィニッシュは悪くなかった。ビンダーフランキーザルコおめでとう!

  13. ミラノマルコ より:

    ビンダースゲェ~!?

    アレマルもがんばれ!!

  14. 9191 より:

    F1ではレッドブル・ホンダが優勝。
    motogpではレッドブル・KTMが優勝。

  15. 774RR より:

    KTMはやる気と資金があるので近い内に来ると思っていましたが、予想よりかなり早い初優勝でしたね。

    あっTAKA、追い上げは分かりますが結果としてはいつもと同じ「シングルフィニッシュおめでとー(棒読み)」

    しかしマルケス居ないとHONDAボロボロですねぇ(悲)

  16. じょに より:

    ザルコにペナルティはなんかひどいなぁ〜!
    中上選手序盤から強気に行ってたのが画面の端っこに写ってましたよ〜!

  17. WR#1 より:

    ビンダー&KTM初優勝おめでとう!
    まさに歴史的瞬間でしたね!
    フランコ初ポディウム&ザルコ久々ポディウムも良かった!
    チームPTランキング…レプソル・ホンダ10位!?オイオイ、シャレなんねーぞ。

  18. なお より:

    ビンダーは全くの予想外だったら凄く楽しいレースだった
    ザルコのペナは納得いかない、ライン外れたところから確認もせずに戻ってきたのはポルの方じゃね?
    あのダスティなロングラップペナルティを爆走するザルコにちょっと痺れた
    最後リンスに抜かれないかマジでヒヤヒヤしたけど表彰台取れてよかった!

  19. ○九 より:

    流石ほぼHONDAレプリカ d(>_・ )グッ!

  20. しゃぶ太郎 より:

    マルケス弟もビンダーもmoto2のトップライダーでしたが、その2人がこれだけ明暗別れた結果になるとは、KTM機はもはやホンダ機以上のパッケージでは。ホンダ機との共通点もエンジン形式とスポンサーくらいのもので、フレーム材質から足回りに至るまで独自路線の塊だけに、他社に容易に真似されにくいのも今後強みになるかも知れません。

  21. ラルフアンダーソン より:

    ザルコのペナルティはしょうがない。
    ライン外れたとこから戻ってきたとはいえ、接触した瞬間僅かに前にいたのはポル。
    前にいるライダーが優先なのだから、ザルコが引くべきでしたね。
    それでもナイスな走りでした。

  22. kai より:

    早くも初優勝が2人とは、今年はフレッシュな顔ぶれが表彰台を占めていますね。とても楽しいシーズンです。

  23. じじ より:

    九さん、ホンダのレプリカなんて負け惜しみ”マルケス以外に勝てないホンダのマシンをレプリカして勝てたのだとしたもっと素晴らしいペドロサも嬉しいでしょうね

    素直にブラッド・ビンダー選手とKTMに祝福を贈りたいと思います。

  24. gsex4 より:

    誰もビンダーにトロフィー渡したのがアブラハムだったのに触れないのは何故だ?

  25. LUL より:

    トロフィー渡したのがアブラハムの親父だからだよ

  26. mosu6R より:

    gsex4さん
    私もオッ?と感じましたが後ろ姿しか分からなかったのと、毎年お父さんアブラハムが表彰式に出てるので、本人では無いのかなと思いました。
    実際はどうなんでしょうね!

  27. より:

    Winner Trophy presented by Karel Abraham
    president of the supervisory board of BRNO circuit.

    おとんのカレル・アブラハム・シニアの方ですね。

  28. すぱおー より:

    ビンダーとオリヴェイラ居れば来年以降もKTMは大丈夫そうですね!そして気をはいた中上選手!良い走りでしたね!ザルコもドヴィがもめてペッコが少し離脱してレディングも苦戦してる今、大きなアピールになりましたね!フランキーもファビオに負けず劣らずのところを魅せれましたね!それにしてもインディペンデントチームがここまで勝つシーズンになるとは思いませんでしたね!スズキも頑張ってくれー!!!ホンダも一致団結してここから踏ん張ってくれー!アプリリアは…頑張ってー

  29. gsex4 より:

    >おとんのカレル・アブラハム・シニアの方ですね。

    そーだったのね。確かにクビになって、ヤケ食いでもして急に太ったのか?と、思いましたわ。

  30. hiro より:

    いやー感慨深いレースでした。
    今シーズン、ワクワクします。
    ポルエスパルガロはHONDA行き、後悔するんじゃないですか?
    ザルコのペナルティは不満ですね。
    ポルは完全にラインを外してますから、インをつかれるかも、と想像していたはずです。
    あの転倒後のリアクションはないでしょ。
    そんな事してるから後輩BBに勝利を奪われるんです。

  31. スペンサーレプリカ より:

    クロモリフレームでmoto3、moto2と純粋培養してきたBビンダーが優勝する活躍。こりゃKTMもmoto2復帰考えたほうがいいんじゃないかな~。まぁリソースmotoGPに集中させたからこそ勝てるほどのマシンつくれたのかも知れないけど。

    しかしペドロサの確保といいBビンダーのファクトリーでの昇格といい、KTMのマネジメントが抜群にいい証拠だな~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP