MotoGP

アレックス・リンス、右肩は手術の必要なし

『アレックス・リンス、右肩は手術の必要なし』

★アレックス・リンスは2020年7月のヘレス開幕戦で転倒し、右肩の脱臼および上腕骨頭の骨折を負った。

★その後、早期復帰のために手術を避け、最終的に総合3位でシーズンを終えた。

★昨シーズン終了後、バルセロナでミール医師に相談し、結局、手術は受けないこととなった。

★リンス選手のコメント。

「レントゲン検査をして、ケガの具合を一緒に検証したんですが…鎖骨の靭帯が断裂してたですよ。手術をする話もあったんですが、ただ、僕自身、あまり気にならないんで、必要ないだろうってことになって。
モトクロスにもけっこう乗ってたし、肩の具合も良かったし。」

【セパンテストが中止になってしまったが…】
「エンジンやフレームが新しくなるのなら厄介だったでしょうけどね。去年のままなのだから、3日間のテストで充分ですよ(※その後、計5日間となりました)。」

【レース日程も、まだ変更の可能性がありそうだが…】
「僕はカタール開幕戦に向けて準備していますよ。周囲の状況によりオートバイに乗れないようなら、(身体)トレーニングをして調整していきます。
去年は(タイトル獲得に)迫りはしたけど、叶わなかったじゃないですか。今年は準備万端ですから。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

スズキのブリヴィオ後任に誰がなるかで盛り上がってた話は、note『スズキは誰をブリヴィオ後任にするのか?』でどうぞ!

created by Rinker
カワイ
¥1,900
(2021/02/28 04:18:21時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP