MotoGP

ロッシ談4『タイトル獲得は目指すが執着はしていない』

『ロッシ:タイトル獲得は目指すが執着はしていない』

★3月1日、ペトロナスSRTが2021年のチームプレゼンテーションを行った。

★ヴァレンティーノ・ロッシが3日、リモート囲み会見で次のように話した。なお、チームメイトのフランコ・モルビデッリの会見は2日に行われた。

★ロッシ選手の会見には多数の記者が参加を希望したため、会見プラットフォームを利用できない者もいた。

[ その3はこちら ]

【今年も現役ライダーであり、VR46ライダーズアカデミーの指南役であり…】
「アカデミーの件は、想像以上のものになってきたって感じで…始めた当初、まさかモルビデッリやバニャイアやうちの弟と一緒に参戦することになるとは思ってもいなかったから。3人とも実に優秀で、今やこう言う状況になってしまってねぇ。
トラックではライバルでありながら友人関係も維持していくには、本物の友情でなければならないでしょ。まぁ、その辺については心配してませんけどね。
フランコとは毎日一緒にいるし、なんでも勝負し合っているから。フランコの場合はまた特殊な状況で…なにしろ、チームメイトですからね。とにかく、一緒にピットボックスに居れるって言うのが超嬉しいですよ。あと、うちの弟とモトGPでライバルって言うのも格別でしょうねぇ。」

【今シーズン末、どんな結果ならば満足できる?】
「総合5位以内に入れたら…ですね。」

【10回目タイトル獲得については執着している?】
「参戦している選手は全員、タイトル獲得できると思っているわけだし、もちろん、僕もそう思ってます。当然でしょ。厳しいことは分かってますよ…最強ライダーが大勢揃ってるんだし、あらゆる要素を検討していかなければならないのだから。マシンの戦闘力から自分自身のスピード、チームについて等々ね。もちろん、勝利を目指して参戦するつもりです。
ただ、10回目タイトル獲得に執着はしてません。メインライダーとしてシーズンを送っていきたいですね。」

【チャンピオン候補は誰だと思う?】
「選ぶのは難しいでしょう…少なくもと10選手…いや、全員と言ってもいいか…誰かを漏らしてしまったりしたらねぇ。とにかく、それぞれ高速マシンだし、大勢いますよ。」

【以前、ミゲル・オリヴェイラの名前をあげていたが…最強選手だと思っている?】
「いや、最強だとは思ってないです。ただ、去年、2勝している選手だし、今年からファクトリーですからね。候補の1人ではありますよ。」

【マルク・マルケスのタイトル獲得もあり得る?】
「いつ復帰するかに依るでしょうね。早々に復帰できるようなら、タイトル争いに加わっていけるでしょう。トラックに戻って来たら、以前のように強い走りをするだろうから。」

[ その5に続く ]

(参照サイト:『Moto.it』)

ロッシ選手のVR46チームは、本当にモトGP昇格するのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP