MotoGP

リンス『タイトル争いはできないが、優勝目指して頑張る』2021イギリスGP

『リンス:タイトル争いはできないが、優勝目指して頑張る』

★8月29日、イギリスGP決勝戦でアレックス・リンス(スズキファクトリー)がグリッド10位スタートから、2位でゴールした。

★リンス選手は今シーズン、転倒が多く、期待以下の成績が続いていた。

★リンス選手のコメント。

「ものすごく嬉しいです(笑)。楽ではなかったし、かなり前からこう言うリザルトが出て欲しいと思ってました…特に、今シーズン前半はネガティブだったから。」

【木曜日は自信なさそうだったが、ここまでのリザルトが取れた理由は?】
「楽ではなかったです…グリッド10位スタートでしたからねぇ。でも、すぐにマシンのフィーリングがしっかり掴め、無駄なリスクなしにどんどん抜いて行けたし、タイヤも上手くコントロールできました…通常、ここではタイヤ管理は大変なんですけどね。」

【今回が分岐点となって、スランプから抜け出せそう?】
「ここまでのレースの大体において、僕は好結果を出せるだろうと思ってたんですよ…ところが、常に悪い方に悪い方に行き、なにかしらの理由により期待以下の出来となってしまってたんです。だから、今回のリザルトは本当に嬉しいし、今後に向けて、やる気もグッと上がりますよ。あと、スズキチームに心から感謝しています。僕に対しても、マシンに対しても、ずっと懸命に作業を続けてくれてたんですから。」

【アラゴンGPも、この調子で行けそう?】
「そうなれば良いんですけどねぇ…ただ、現実的に見て、楽ではないでしょう。今年のモトGPのレベルは本当に高くなっていて、今日もそうだったけど、全選手が好リザルトを出せそうな状態で…マシンもそう言う状態でしょ。僕の戦闘力もほぼ互角のレベルだけど、とにかく、先を読むのは難しいんですよ。もちろん、僕はファビオ相手にタイトル争いができるようなレベルではないけど、でも、優勝目指して常に全力で頑張りますよ。」

【今回のようなリザルトを出すには、どの辺りを改善していくべき?】
「やはり、予選リザルトを上げていかないと。タイトル獲得は無理だとしても、もっと前方スタートなら今日のレースだってもっと違いを出せていたでしょ。」

【クアルタラロー選手は今回優勝したことで、もうタイトル獲得が決まったも同然だと思う?】
「『決まったも同然』ってことはあり得ませんから。まだ何戦も残ってるんだし、なにが起きても不思議はないでしょ。まぁ、普通に考えれば、よほどのことが起きない限り、ファビオが現在のパフォーマンスを維持できるようなら、あれだけ引き離してるのだから、現時点ではタイトル獲得の可能性はかなり高いでしょうけどね。」

【今年、クアルタラロー選手が無敵状態なのは、マシンのおかげだと思う?】
「そう言うのは1つの理由だけではなく、常に複数の理由が重なり合った結果だから。もしマシンの調子が良く、ライダーも才能豊かで、集中力を維持でき、実際に良い感じで走れているのなら、おのずと勝てるものでしょ。」


(参照サイト:『Gpone』)

『フラッグ・トゥ・フラッグ』は最善策なのか?って話は、『2021オーストリアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. nnn より:

    本来ならこの人がスズキのエース格だったのになぁ。
    いい所で転倒が多くて残念だけど、これをきっかけに頑張ってほしい。
    個人的には、乗り方がノリックみたいで好きだ笑

  2. 田中 より:

    確か去年のアラゴンでは2位だった。
    今回も表彰台頼んます。

    転ばないでね。

  3. でんでん より:

    リンスは来年度のエンジン積んだ機体で頑張ってほしい

  4. シャンプー より:

    一発の速さならミルより上なのにね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP