MotoGP

ロッシ父、歩行者をはねる

『ロッシ父、歩行者をはねる』

★1月5日、ヴァレンティーノ・ロッシの父グラツィアーノ氏(67才、1979年250cc総合3位、1980年500cc総合5位)がタヴッリャ界隈の展望コースを四輪車で走行中、歩行者をはねた。

★グラツィアーノ氏はカーブを通過した際、歩道を歩いていた50代男性にかすった。男性はその場に倒れ、すぐに救急車で病院に運ばれ、検査の結果、全治5日のケガと判明した。

★警察はグラツィアーノ氏がロッシ元選手の父親であると認識し、アルコール検査を受けさせたところ陰性だった。
なお、事故発生時は低速で走行していたため、被害者は軽症で済んだ模様。今後、地元警察が同事故における責任割合を調査していく予定。
現場の道路は激しく蛇行しており、現時点では被害者がどの方向に進んでいたか判明していない。

★グラツィアーノ氏は12月18日に神経系の不調により入院したが、検査の結果は良好で22日に退院した。

★なお、ヴァレンティーノ・ロッシはバーレーン12時間耐久レース(1月6〜8日)に参戦する予定だったが、コロナ濃厚接触者と認定されたため、現在も隔離されている。


(参照サイト:『Corse di moto』)

ロッシのドゥカティ試乗はアウディとの契約次第?って言った話は、note『2021取りこぼしインタビューまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP